Twitterクライアント「Mutl」の紹介

ブレークスルーキャンプ 2011に参加中の石川洋資、桜井裕基、髙瀬章充と申します。
現在、筑波大学・千葉大学の大学生チームで新しいTwitterクライアントを開発中です。

メンターの大元隆志さんの紹介でこの場をお借りさせていただくことになりました。
今回は、現在開発を行っているTwitterクライアントのMutlの紹介をさせて頂きます。

 

“溢れんばかりのタイムライン”を変えたいと思った

Twitterでは、多くのユーザーをフォローしていくとタイムラインが充実してきます。
しかし、フォローしているユーザー数が増えるにつれて、ノイズも多くなっていきます。
そこで、”見たいツイート”をノイズに埋もれさせないようにしようというのがMutlの出発点です。

Mutlは”見たいツイート”を自動判別して優先的に表示することで、
“見たいツイート”がノイズに埋もれる状況を減らします。
私たちは”見たいツイート”をHot, Likeと呼ばれる2種類に分類しました。

 

Hot:周りが注目しているツイート

フォローしているユーザーが注目しているツイートには興味深いものが多くあると思います。
Mutlは周りのリツイート・リプライ・お気に入りによって注目度を自動的に判定し、
注目されているツイートを優先して表示することができます。

 

Like:好みのユーザーのツイート

好きな人のツイートは、どのような内容であっても見ておきたいものです。
Mutlはユーザーの普段のリツイート・リプライ・お気に入りから好きな人を判定し、
その人たちのツイートを優先して表示することができます。

 

メンテナンス不要のソーシャルなタイムライン

タイムラインの表示順にHot/Likeが加味されることによって、
ユーザーにとってより良いタイムラインが表示されるようになります。
このタイムラインは従来のタイムラインと比べて、よりソーシャルなものとなっています。
また、優先順位の判定処理は自動的に行われるため、メンテナンスを意識する必要もありません。

 

シンプルな操作性とフレキシブルなダイジェスト

通常のタイムラインとソーシャルなタイムラインは、手軽に切り替えられるべきだと考えました。
最新/Hot/Likeの切り替えをシンプルかつフレキシブルに行うために、
Mutlには左図のようなスライドバーがメイン画面に配置されています。

 

Mutlはミュートルと読みますが、”Mu”は小さいという意味、 “tl”はタイムラインを指しています。タイムライン上には大きな情報が流れていますが、その中の見たいツイートは小さいものです。その小さく重要なツイートを提供するという意味でMutlと名付けました。

Mutlは今秋にiPhoneアプリをリリースし、その後にAndroidやWeb向けにもリリースしていく予定です。下記URLで最新情報を随時更新していく予定ですので、どうぞよろしくお願い致します。
http://www.mutl.org

 

プロフィール
mutl(ミュートル)
ブレークスルーキャンプ 2011。高瀬チーム「ミュートル」



この記事のタグ:


関連する記事

プロフィール
mutl(ミュートル)
ブレークスルーキャンプ 2011。高瀬チーム「ミュートル」