ソーシャルカンファレンス 2012 開催のご連絡

2011年6月11日に開催したソーシャルカンファレンス 2011は多くの方に参加頂き、知名度のある大企業と、実力のあるスタートアップが手を結び、共に世界を目指そうというメッセージを多くの方と共有することが出来ました。

それから一年が経ちソーシャルメディアは一時期のブームを越えて「普及期」に入ろうとしています。2008年からメディア・広告・マーケティングを中心に語られてきたソーシャルメディアですが、普及期に入ろうとする今、あらゆる産業にソーシャルメディアが関わろうとしています。

そこで、私達はこう考えます。
 二項対立の構図ではなく「シナジー」によって、新たな価値を創造出来ないだろうか?
 既存の産業にソーシャルメディアを加えることで、新たな価値を創造出来ないだろうか?  

2011年のソーシャルカンファレンスのキースピーカは「今を代表するスピーカ」でした。
2012年のソーシャルカンファレンスのキースピーカは「未来を創るスピーカ」です。

私達と共に、ソーシャルを語る一日を共有しませんか?

■日時
 2012年6月9日 会場mixi本社 座席数 150

■スケジュール
 第一部 産業を”繋ぐ”ソーシャルメディア
 12:00 ~ 12:05 全体説明

 12:05 ~ 12:35 「モバイル・グランズウェル」
  ITビジネスアナリスト 大元隆志様

 12:40 ~ 13:10 KDDI株式会社様 「Social Discovery」
  KDDI株式会社様 新規ビジネス推進本部 オープンプラットフォームビジネス部 パートナーズ推進2・3 GL 傍島 健友様 

 13:15 ~ 13:45 凸版印刷株式会社様 NFCが描く未来像
  凸版印刷(株) 情報コミュニケーション事業本部 TIC マーケティング本部 後藤 果奈様
  凸版印刷(株) 情報コミュニケーション事業本部 TIC ITソリューション本部 名塚 一郎様

 13:50 ~ 14:20 株式会社comcept CEO/コンセプター 稲船敬二様

 14:25 ~ 14:55 株式会社エイベック研究所 代表取締役 武田隆様

 第二部 パネルディスカッション
 第二部はTCC(東京コピーライターズクラブ)会員で、テレビCMからポスターまで幅広く広告制作に携わってこられ、現在は株式会社ビデオプロモーションで企画推進部長としてメディア開発に取り組む傍ら、「境塾」を運営されている境治さんと、共同で開催致します。
 
 15:00 ~ 15:50 ソーシャル×テレビが創造するシナジー
  モデレータ 株式会社ビデオプロモーション 企画推進部長 境治様
  パネラー
   日本放送協会 報道局 報道番組センター ソフト開発プロジェクト チーフ・プロデューサー 倉又 俊夫様(調整中)

   日本テレビ放送網 編成局メディアデザインセンター メディアマネジメント部 安藤 聖泰様
   アスキー総研 所長 遠藤 諭様

 第三部 パネルディスカッション
 16:00 ~ 16:50 ジャパナイズ・ソーシャルメディアのこれから
   株式会社サイバー・コミュニケーションズ 長澤 秀行様
   株式会社メンバーズ 執行役員 原 裕様
   株式会社エイベック研究所 武田隆様(調整中)
   株式会社comcept CEO/コンセプター 稲船敬二様
   ITジャーナリスト 本田雅一様
   ITビジネスアナリスト 大元 隆志

 16:55 ~ 17:00 閉会
 17:15 ~ 19:00 懇親会

■入場方法
こちらの、登録フォームよりお申し込み下さい。

応募者多数の場合は抽選となります。抽選の結果、入場証明書を送付させて頂きますので、証明書が届いた方は、下記に記載する二団体のどちらかに三千円以上の寄付を行い、取引明細書と入場証明書の二つを持参し会場にお越し下さい。

■寄付先
今回入場料は下記に記載する寄付先に三千円以上の寄付で参加可能と致します。※入場証明書を受信された方が対象となります。
東日本大震災にて被害にあった、児童の養育支援、震災による心のケア等を支援する下記二団体のどちらか好きな方を選択して振り込んで頂き、ATM又は銀行窓口等で振込み時に発行される取引明細を持参下さい。

みやぎ子ども養育支援の会
理事長 木村孝禅様
活動内容
 ●振込先
 銀  行:ゆうちょ銀行
 支店番号:818
 口座番号:2272309
 名  義:ミヤギコドモヨウイクシエンノカイ

宮城県の子供達、特に震災の影響や生活支援の必要な子ども又は家庭に恵まれない(虐待等)子どもの養育支援と障害児支援を目的として、小規模住居型児童養育事業(里親ファミリーホーム)、児童自立生活援助事業を行うとともに、子育てに悩む保護者に対する子育て相談事業、地域の人々に対して子どもの健全育成および障害児への支援に関する普及、啓発事業等を行っています。

仙台グリーフケア研究会(メンタルケア)
理事長 滑川明男様
活動内容
 ●振込先
 銀  行:七十七銀行荒町支店
 支店番号:253
 口座番号:5580579
 名  義:グリーフケア研究会 会計 滑川明男

大切な人を亡くしてしまった時。人のこころは傷つくでしょう。その傷は、亡くなった人があなたにとって大切であればあるほど、また、その亡くなった状況が、突然であったり、悲惨であったり、不条理に満ちていたりすればするほど、深く、複雑なものであると考えられます。
仙台グリーフケア研究会では、喪失にもとづくつらい感情を安全な環境で、安心して、ご自分のこころの内のすべてを吐き出すことができる。そういう場所と時間を提供する。

■メディアスポンサーの募集
ソーシャルカンファレンス2012について取材を行って頂けるメディア関係者の方がいらっしゃいましたら、 SocialConference@assioma.jp まで連絡頂ければ幸いです。



この記事のタグ:


関連する記事

  • FBで人に言えない「内緒のコミュニティ」に入るのは気をつけよう

  • 市場原理に従い質低下が危ぶまれる東洋経済オンライン

  • 2013年版 絆の種類

  • ソーシャルCRMでコールセンタのコスト削減

  • ソーシャルメディアが晩婚化を助長する?

  • 「SNSで目立ちたい症候群」に企業はどう対処すべきか

  • イノベーションを生み出すスマートオフィス

  • 差が付きはじめた携帯三社のソーシャル評判

  • クリエイターになるということ

  • 週刊誌を超える発信力を個人に与えるヤフーニュース個人


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。