「ドラゴンクエストX」のダイス問題で風評被害を受けるスクウェア・エニックス

 日経新聞が29日「ドラクエ10」揺るがす重大課題 基本機能を賭博に使うプレーヤーと題する記事を掲載。本報道にて、ゲーム内で利用可能な「ダイス」機能を利用した賭博行為に対し「賭博罪が成立する可能性は高い」と報じたことで、30日の株式市場ではスクウェア・エニックスの株価が一時1265円まで急落し、その後1,327円で取引を終えたものの前日比-3.49%の価格下落を招いた。

ゲーム内の仮想通貨と現実世界の現金取引(RMT)が、「コンプガチャ」騒動時のソーシャル銘柄急落を連想させたのだろう。

この報道に対して30日、スクウェア・エニックスは反論を表明した。

「ドラゴンクエストX」に関する一部報道について

~省略~
ここで言うダイス機能とは、ゲーム本編に直接関わる要素ではありません。様々な仕草をしたり、チャットをしたりする機能と同じく、お客様に自由な遊びを作り出していただくためのものです。

「ドラゴンクエストX」におけるゲーム内アイテム、ゲーム内通貨は無償で提供されているものであります。また、お客様同士のアイテム等の交換行為は、当社が主体的に実施しているものではなく、かつ、外部ウェブサイトでのアイテム等の売買は利用規約において禁止しております。したがいまして、当社が賭博罪・賭博開帳罪に問われる可能性はないと認識しています。

■これで賭博罪が成立するならゲームが成立しない
 ゲーム内のダイスによる賭博行為は推奨される行為では無いが、これが原因でスクウェア・エニツクスが賭博罪・賭博開帳罪に問われるかと言えば、スクウェア・エニックスの主張どおり「無い」と筆者は考える。
 
 なぜなら、このダイスと呼ばれる機能は、コミュニケーションの一機能であり、「ダイス」と選択することで、ランダムに数字が表示される、たったそれだけの機能だからである。ダイスで表示された数字に基づいてゲーム内通貨である「G」を譲渡するのは、あくまで別機能であり、「ダイス」実行後、ユーザが任意に取引しなければならない。

 賭けの対象はゲームの乱数要素やプレイヤーの運が絡むものなら、幾らでも賭けの対象に成り得る。

 ・一緒にパーティを組んで戦闘に出かけ、戦闘50回以内にレアアイテムをゲットしたら10万G
 ・一緒にパーティを組んで戦闘に出かけ、一時間以内に経験値4万獲得出来れば10万G
 ・職人スキルの☆の数によってG獲得

 など、今回標的とされた「ダイス」機能を停止したとしても、特定の条件を事前に取り決め結果に応じて賭け金をトレードするといった賭博行為を行うことが可能だ。もちろんゲームを提供しているスクウェア・エニックス側はそういった賭博利用を前提として「乱数要素」を採用しているわけではないだろう。プレイヤーとしても「乱数要素」が取り除かれれば単なる作業となってしまい、ゲームとしての面白みもそがれてしまう。

 今回のドラゴンクエストXは多人数が同時にオンライン上でプレイするMMORPGと呼ばれるジャンルのゲームだ。この多人数が同時にプレイするオンラインゲームという空間では、現実世界と同様のコミュニケーションが発生する。ユーザが何かを賭け事の対象として賭博をする行為を禁止するということは、現実世界のコミュニケーション上から発生する賭博行為を禁止するということと何らかわらない。極論すればオンライン上のポーカゲームや大富豪、オセロでも何でも「賭博行為」の対象と成り得てしまう。

 ゲーム内で賭博を行い、RMTを行ったユーザ自身が賭博罪に問われる可能性はゼロでは無いと思うが、スクウェア・エニックスが何らかの罪に問われるということは「無い」だろう。

 何れにせよ、ゲームの一機能をメーカが想定していない利用方法を行う極一部のユーザが現れたことで、テレビでも報道され株価が急落するまでに市場が反応する。ドラゴンクエストというブランドの底力を発揮したという所だろうか。



この記事のタグ:


関連する記事


プロフィール

大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。