ドコモ10月の携帯電話純増数で関東を除く全ての地域でマイナスを記録。純増数を支えたのは通信モジュール

 11月7日、TCA(電気通信事業者協会)は2012年10月の携帯電話契約者数の推移を発表した。10月はiPhone5が2012年9月21日に発売されてから、初めて一ヶ月全期間を通して商材にiPhone5が加わった月となったが、iPhone効果がはっきりと見えた月となった。

 純増数では、ソフトバンク 284,200、KDDI 238,800、ドコモ 7,200の順となり、ソフトバンクが十ヶ月連続のトップを維持。MNPは、KDDIが152,700でトップ。ソフトバンク 37,900、ドコモが-189,800となり、ドコモが過去最大の顧客流出数を記録した。

更にドコモの地域会社ごとの純増数を見ると、関東地域を除く全ての地域でマイナス成長となったことがわかった。

■ドコモを支えた通信モジュール
また、興味深いのが、携帯電話契約数の内訳だ。TCAの発表する携帯電話契約数には「プリペイド契約」「通信モジュール」「携帯IP接続サービス」の三つが含まれている。この三つの意味を簡単に説明すると以下のようになる。

 ・プリペイド契約
 プリペイド携帯電話や、プリペイド型のデータ通信端末を指す。
 ・通信モジュール
 携帯電話以外の形をしたモジュールを指す。パソコンに接続する通信モジュールや、データ通信端末やフォトフレームなどの増加数もここに含まれる。また、MVNO等を利用した契約もここに計上される。
 ・携帯IP接続サービス
 spモードやISNETなど、携帯電話やスマートフォンなどによるIP接続サービスの契約数を指す。

 ドコモの10月分の増加は、プリペイド契約が-17,900、携帯IP接続サービスが-214,800、通信モジュールのみ128,100の増加となっている。顧客流出数が-189,800、7,200の純増数、そのうち128,100の増加が通信モジュールだったということから、「携帯電話だけで見ればマイナス」だったことがうかがえる。

 現在iPhone5は品薄で購入を望む全ての消費者に手渡っているわけではなく、iPad miniも含めまだ暫くドコモの厳しい冬は続くかもしれない。ドコモの通信モジュールにはアマゾンから販売されるKindleが今後計上されることになるが、消費者の目を引く新製品を投入することが出来なければ暫くはKindleがドコモの「純増数」増加の支え役になりそうだ。



この記事のタグ:


関連する記事

  • ロボットビジネスの開拓を始めた韓国通信事業者

  • 韓国SK telecom 世界で始めてLTE-Advancedを提供開始

  • 通信業界トピック 第三週

  • ソフトバンク、イー・アクセスの株を0.67%売却

  • 通信事業者の収益源は2014年にモバイルと有線接続が逆転する

  • 米クリアワイヤ、米スプリントからの買収案に合意

  • LTEとかWiMAXとか4GとかAXGPとかって何が違うの?進化の過程を解説

  • 不発に終わったドコモの冬モデル

  • Google ネット検閲反対を訴える takeaction をオープン

  • 「文字を読む」ブログから、「見てタッチする」ブログへ


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。