中国の新興メーカ最新技術で世界の携帯市場へ意欲

中国スマートフォン市場で新興メーカーが存在感を高めている。メイズは「クアッドコア」を中国メーカーで初めて搭載したスマートフォンを投入。オッポは「世界最薄」スマートフォンを発売した。

■クアッドコアの最新機種を投入するメイズ
 メイズは6月末にクアッドコアを搭載した「MX四核」を発売。価格は記憶容量32Gバイトの機種で2999元(約3万7000円)。処理速度が速くなり、高画質の動画や、3Dを多用したリッチなゲームにも対応できる。

 クアッドコアは世界のスマートフォン大手が今年の目玉とする新技術。今春、台湾のHTCが世界で初めて発売し、韓国サムスン電子が続いた。中国勢では大手のファーウェイとZTEが投入を発表しているが、実際の販売はメイズが先行した。

 今年1-3月の中国スマートフォン市場でのシェアは0.03%(易観国際調べ)だったが、高性能の部品使用やデザインの良さで若者中心に特定の顧客を獲得。クアッドコア型の新製品もサムスンのCPUとシャープの液晶など先進国メーカー製の中核部品を使う。

■世界最薄スマホを発売するオッポ
 一方、オッポは厚さ6.65mの薄型スマホ「Finder」(2498元)を発売した。1月の米国で開催された世界最大の家電見本市「CES」ではファーウェイが世界最薄という6.68mmの製品を発表して話題になったが、オッポの新製品はこれを上回る薄さとなっている。

■両社共に海外進出へ意欲
 メイズ、オッポ共に2003年に設立され携帯音楽プレイヤーを製造していたが、近年スマートフォン、タブレット分野への進出が目覚しい。中国の新興メーカーはメイズ、オッポ、シャオミー、クールパッドの4社が広く知られる。日本のメーカーが電機大手に限られるのに対して、携帯電話市場の拡大が続く中国は新興企業の参入が相次いでいる。

 メイズは、日本も含んだ先進国など海外市場への進出に意欲を見せる。中国紙によると、13年にも米国と欧州でマーケティング活動に乗り出すという。
オッポも米クアルコム製CPUなど高性能の部品を使い、デザイン性も重視。CMに米国の俳優のレオナルド・デイカプリオ等の有名スターを起用し、ブランドの向上に懸命。

 巨額の赤字に悩まされる日本の大手電機メーカを尻目に中国の新興国メーカが世界の携帯市場に熱い視線を送っている。



この記事のタグ: , ,


関連する記事

  • 格安SIM時代には「情報ダイエット」が大切

  • 月額2100円で使えるリア充スマホ「PANDA」

  • サムスン、未来のスマートフォンのコンセプトを公開

  • ロボットビジネスの開拓を始めた韓国通信事業者

  • 総務省 「スマートフォン安心安全強化戦略」(案)に対する意見募集

  • スマートデバイスのシェア争いは、マーケティング競争のフェーズへ

  • 韓国SK telecom 世界で始めてLTE-Advancedを提供開始

  • WWDC 2013で感じたアップル下落の兆候

  • 中国 スマートテレビ応用元年

  • Nexus7購入で感じた万能だけど中途半端なファブレット市場


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。