Kindleで始めるクラウド時代の英語学習。Kindleが多読に向く5つの理由。

昨日のエントリーで記載した通り、私のKindle購入の動機の一つに英語学習がありました。
英語学習として皆さんはどんな事を実践されているでしょうか?単語の暗記、英会話スクール、NHKの英語学習と、色々な方法が存在します。私も色々と挑戦したのですが、どれをやるにしても色々と継続的にお金が発生するという事です。それに、私には合っていないのかイマイチ効果がありませんでした。

しかし、そんな私でも効果を実感している英語学習方法があります。それは「多読」です。方法は簡単、もう、ひたすら英語の文章を読み続けるんです。多読についての詳しい解説は、こちらのサイトをご覧下さい。

私の場合、英単語を幾ら覚えても、英語の文章を読むとイマイチ理解出来ませんでした。でも、文章を読んで文脈の一部として英単語を理解しようとすると、徐々にではありますが、読めるようになってきました。何度も繰り返して読んでいると、英語を日本語に訳さずに、英語を英語として理解出来るようになって来る事が実感出来るようになりました。(凄く時間はかかります。効果を実感出来るようになるまで最低でも三ヶ月位は毎日、英文を読むようにしなければならないと思います。)

でも、それが最初から出来たら苦労はしませんよね。

そう、多読にはコツがあるんです。簡単な事です、何事にも、物には順序があります。自分のレベルを考えずに、いきなり英字新聞を読みだそうとすると、挫折するのは眼に見えています。皆さんの小さい頃を思い出して下さい。自分が3歳位の時に日経新聞を読みましたか?そんな天才も居るかもしれませんが、大半の人がお父さん、お母さんと一緒に「絵本」を読んだのでは無いでしょうか?

そう、自分が子供の頃体験した事と同じ事を、英語で実践していけば良いのです。

■Kindleを使って効率良く、多読する
アルファベットって何?という方。まずは、英語になれる所から始めましょう。
 ・Free eBooks by Project Gutenbergからアルフアベット学習用の絵本をダウンロードする
  - The Absurd ABC by Walter Crane
  - The Illustrated Alphabet of Birds by Unknown
  - A Apple Pie by Kate Greenaway
  - Dame Wonder’s Picture Alphabet by Anonymous
  - Aunt Friendly’s Picture Book. by Sarah S. Baker and Joseph Martin Kronheim
 ※Kindle用ファイルへのリンクとなっています。Kindleを接続した状態で、直接Documentsフォルダにダウンロードして頂ければ閲覧可能です。

Toeic 100~200点 前後、ボキャブラリー 300単語未満の方
子供向けの英語の「絵本」を読みましょう。
 ・Amazon Kindle Storeから4~8歳向けの図書のSampleをダウンロードする
  
 ・Free eBooks by Project Gutenbergから子供向け絵本をダウンロードする
 お勧めのKindle用 eBookを紹介します。まずは英語になれる所から始めましょう。
  - Little Black Sambo by Helen Bannerman
  - Ring O’ Roses by Anonymous
  - The Peter Pan Alphabet by Oliver Herford
 ※Kindle用ファイルへのリンクとなっています。Kindleを接続した状態で、直接Documentsフォルダにダウンロードして頂ければ閲覧可能です。

Toeic 200~350点 前後、ボキャブラリー 500単語前後の方
 ・Amazon Kindle Storeから9~12歳向けの図書のSampleをダウンロードする

 ・Free eBooks by Project Gutenbergから子供向け物語をダウンロードする
  - The National Nursery Book by Unknown
  - The Story of the Three Little Pigs by L. Leslie Brooke
  - The Tale of Jemima Puddle-Duck by Beatrix Potter
  - The Tale of Benjamin Bunny by Beatrix Potter
  - The Tale of Tom Kitten by Beatrix Potter
 ※Kindle用ファイルへのリンクとなっています。Kindleを接続した状態で、直接Documentsフォルダにダウンロードして頂ければ閲覧可能です。

Toeic 350~500点 前後、ボキャブラリー 1000単語前後の方
 このレベルの方からは、少し英語のニュースに慣れ親しんでみましょう。米国には英語を学習するための無料のプログラム「VOA Special English」という学習プログラムがWeb上で公開されています。このプログラムでは、英語初級者用に、毎日英単語1500語前後で構成されたニュースを配信しています。テキストと、MP3による音読も同時に公開されています。

 ・kindlefeeder.comとVoAを連携する
  Kindleで直接VoAにアクセスする事も問題ありません。しかし、VoAで公開されているRSSをKindleに配信するという方法も可能です。しかも、mobi形式で送付されてくるのでブラウザで読むより快適になります。

  Step1 Kindlefeederに登録する
   Kindlefeederにアクセスし、ユーザ登録を行ないます。
    UserName = Kindlefeederへログインする時に利用します。
    Password = Kindlefeederへログインする時に利用します。
    Email = gmail等のアドレスを入力します。
    Kindle username = Amazonの 「Manage Your Kindle」で「Your Kindle(s」フィールドで表示されている「@Kindle.com」より前の部分を入力します。

  Step2 Manage Your KindleにKindlefeederを登録する
    Amazonの 「Manage Your Kindle」にアクセスし、「Your Kindle Approved E-mail List」フィールドに「@kindlefeeder.com」を追加します。

  Step3 KindlefeederにRSSを登録する
    Kindlefeederの「Add Feeds」画面を開き、以下のVOAのRSSを登録します。
     http://www.voanews.com/templates/Articles.rss?sectionPath=/learningenglish/home

  Step4 KindleにRSSを送信する
    Kindlefeederの「Dashboard」画面を開いて、画面中央の「Deliver your feeds now」から、好みの送信方法を選択します。私はWiFi版ですので、「Send Wireless」を選択しています。しかし、3G版ユーザの場合はこのモードだと、課金される事もありますのでご注意下さい。

  一見すると複雑な手順のように見えますが、Step1~3は初回のみ必要な登録です。次回以降はStep4のみ実行すれば、VoAの内容がKindle用の表示形式に変換された形で、届きます。また、このStep4を自動化したいという事であれば、Kindlefeederの有料サービスに申し込めば自動化されます。

Toeic 500~700点 前後、ボキャブラリー 3000単語前後の方
このレベルの方は恐らく、簡単なニュースサイトの記事程度であれば、時間をかければ読む事が出来るのでは無いでしょうか?このレベルまで来れば、Kindleには無料で読める小説等がKindle Storeにもたくさん登録されていますし、上述したKindlefeederにCNN等の海外ニュースサイトを登録しておく事で、Kindleに新鮮な情報が登録する事が出来ます。

また、思い切ってKindleによるReadingだけでなく、Twitter、Facebook等で英語でアウトプットしてみるのも良いでしょう。

■Kindleが多読に向く、5つの理由
上述した内容はKindleで無くても実践出来ます。では、何故Kindleなのでしょうか?

 Point1 電子インクのため、PCの画面でみるより目に優しい。長時間読む多読向き。
 Point2 携帯性が良く、バッテリーの心配が無いので、いつでもどこでも多読出来る。
 Point3 Kindle用に変換された無料で読める英語コンテンツが大量にある。
 Point4 MP3の再生も可能。テキストにMP3が付いている場合はReadingとlisteningが行えます。
 Point5 Kindleの機能で、英語を機械音読してくれる。結構、使えます。MP3が無い時はこちらで。

勿論、有料のコンテンツもKindle Storeから即購入可能。iPadとの差額が約三万円とすれば、多読用の書籍を50~80冊位購入可能です。無料版と合わせれば、十分な量の多読が行えるでしょう。

■英語学習に近道は無い。しかし、お金をかけなくても学習出来る
世の中にはたくさんの英語学習方法があります。私もまだまだ学習中の身であるため、偉そうな事は言えませんが、私個人の感想としては、楽して身につく方法は無いという結論に至りました。

英語の学習方法は、大きな自分の「脳」という空っぽの井戸の中に、スポイトで水を汲み入れるような物だと感じています。初めのうちは、入れても入れても井戸に水が満たされません。しかし、徐々にではありますが確実に水は溜まります。大変な努力を伴いますが、いつかきっと一杯になると信じて努力するのが一番の近道だと思います。

しかし、楽して身につく方法はありませんが、お金をかけずに学習する方法は、アイデア次第で可能です。まさに、世の中はクラウドの時代。Kindleは貧弱でも、Kindle用のクラウドサービスはたくさんあります。今回紹介したのは、ほんの一例にすぎません。自分なりの学習方法を探してみるのも面白いと思います。もし、Kindleを活用した効果的な学習方法、優良なコンテンツがあれば、是非ご連絡頂ければ幸いです。



この記事のタグ: ,


関連する記事

  • 電子書籍、AR、世界同時配信、週刊誌の未来が詰った「少年ジャンプ45周年記念号」

  • 電子書籍時代突入で「一巻目」は格安価格で提供する時代

  • iPad + Kindle を持ち歩く人にお勧めのケース muse

  • 電子書籍の成功の鍵を握るブロガー

  • Kindle Paperwhite に Instapaper の未読記事を自動配信する

  • Kindle fire HD カバー 5選を紹介

  • エンジニアに好評な Kindle Paperwhite

  • Kindle Fire ケースカバー 5選を紹介

  • Kindle テストマーケティングの勧め

  • kindlegen download 方法


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。