Kindle Paperwhite で青空文庫等の ePub 形式のドキュメントを読む

 Kindle ペーパホワイトの特徴は「クラウドビューワ」で有り、様々なクラウドサービスがKindle ペーパホワイトと連携するサービスを提供している。今回はDropboxに保存したファイルがKindle ペーパホワイトに自動的にKindle フォーマットになって転送される方法を紹介したい。

 この設定を行っておくとDropboxの所定のフォルダに青空文庫等のePubで提供されたドキュメントを保存するだけでKindleで読めるようになる。
 ※この記事を読む前に、アマゾンが提供するKindle パーソナルドキュメントの設定を終了しておく必要があるので、まだ設定を有効にしていない方は、こちらの記事をまず参照して欲しい。
 ・Kindle Paperwhite で非Kindleフォーマットのドキュメントを読む

■Dropboxのアカウントを作成する
 ※既にDropboxのアカウントを持っている人はこの手順は不要
1) Dropboxにアクセスする
2) 画面右上のサインインをクリックし「アカウントを作成」をクリックする。
  

3) 画面の指示に従い必要事項を入力しアカウントを作成する

■wappwolfとDropboxを連携させる
 Dropboxの特定フォルダに保存されたファイルを自動的に加工したり転送したりすることを可能にするwappwolfをDropboxと連携させる。
1) wappwolfにアクセスする
2) Connect Dropboxを選択する

3) wappwolfのDropboxへのアクセスを「許可」をクリックする
  
4) 自動処理を作成する
  「Create a New automation」をクリックする。

5) 「Choose a folder」の画面で自動処理の対象フォルダをチェックして「NEXT」をクリックする。
   ※新しいフォルダを作成するには「New Folder」をクリックする。
   
6) 「Choose an action」で処理内容を選択する。
  「Cover eBook」をチェックし、「Convert to Format」で「mobi」を選択する。
  「Add Action」をクリックする。
  
7) 「Any File」から「SEND」をクリックする

8) Emailの設定を行う。
 Kindle パーソナルドキュメントサービスで利用可能なメールアドレスを入力する。
  ※ここの設定が分からない場合は「こちら」の記事を参照して欲しい。
 Sender e-Mail : Send-to-Kindleのメールアドレス
 Reciver e-Mail : 承認済みEメールアドレスに登録したアドレス
 Subject : Convert eBook Filenameを選択
 Add file as attachmentにチェック
 登録内容に間違いが無ければ、「Add Action」をクリック

 ※「Send it to your kindle」を選択しても同じ効果を得られるが、「Send it to your kindle」は米国仕様のメールアドレス表記があり混乱を招く恐れがあったのでこちらの処理方法を紹介している。

9) 画面上部の「Finished」をクリック。
  

 これで、指定したDropBoxのフォルダにePub形式のドキュメントを保存するだけで、Kindleフォーマットに変換されたドキュメントがKindle ペーパーホワイトに転送される。
 ePub形式の青空文庫は「青空文庫 – ePub形式で青空文庫を配信」等から入手出来る。配信サイトは色々とあるので自分にあったサイトを検索して見ると良いだろう。

■Kindleの強みはクラウドサービスとの連携
 2007年に初代機が発売され既に五年の歳月が経過したKindleシリーズ。アマゾンのKindle Storeには150万点以上の書籍が並び電子書籍リーダ市場で圧倒的な強さを誇っている。
 そんなKindleだからこそ、Kindleと連携することを売りとしているサービスが既に無数に存在する。国内の電子書籍リーダ向けに「それ専用」のこういったクラウドサービスが登場するのか?このようなクラウドサービスとの連携も電子書籍リーダを選択する上で考慮することをお勧めする。

★ePub形式になっていない「青空文庫」の小説をKindle Paperwhiteで読みたい方はこちら★
 ・Kindle Paperwhite と ChainLP で青空文庫を読む
 



この記事のタグ: ,


関連する記事

  • 電子書籍、AR、世界同時配信、週刊誌の未来が詰った「少年ジャンプ45周年記念号」

  • 電子書籍時代突入で「一巻目」は格安価格で提供する時代

  • iPad + Kindle を持ち歩く人にお勧めのケース muse

  • 電子書籍の成功の鍵を握るブロガー

  • Kindle Paperwhite に Instapaper の未読記事を自動配信する

  • Kindle fire HD カバー 5選を紹介

  • エンジニアに好評な Kindle Paperwhite

  • Kindle Fire ケースカバー 5選を紹介

  • Kindle テストマーケティングの勧め

  • kindlegen download 方法


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。