Kindle Paperwhite カバー 5選を紹介

 Kindle Paperwhite を購入して本体カバーを装着すべきか、液晶フィルムのみで済ますか悩んでいる人も多いでしょう。そういう相談を受けた時に私はこのようにアドバイスしています。

■液晶保護フィルムだけでも良い人
 - 携帯性を重視する

■本体カバーも考慮した方が良い人
 - 落下物などから画面を守りたい
 - 本体を落とした時の衝撃から守りたい
 - デザイン重視のケース

Kindle Paperwhiteは携帯性が高いためそれを重視するなら液晶フィルムで十分です。しかし、携帯性が高いということは外出先や電車の中で本を読むことも多くなります。そんな時うっかり手がすべって地面に落下した時など本体カバーがあった方が落下の衝撃から本体を守ってくれる可能性は高くなります。

用途や利用シーンに応じた本体カバーを五つ紹介します。
 
 ※ここで紹介しているカバーは Kindle Paperwhite 専用です。
 ※Kindle Fire ケースカバー 5選を紹介
 ※Kindle fire HD カバー 5選を紹介

■定番のスタイル
 ◆Kindle Paperwhite 専用レザーカバー
 オーソドックスなKindle ペーパホワイト専用レザーカバー。シンプルなデザインでビジネスシーンでも利用可能。カラーバリエーションが豊富で11色用意されている。手頃な値段で可愛いカバーを探している女性にお勧め。

 ◆落下防止ハンドストラップ付カバー
 落下による衝撃保護のためにカバーを購入する人も多いと思うが、こちらのカバーを付ければハンドストラップに手を通すことで本体をしっかり固定出来る。カバー内側はマイクロスエードになっていて液晶画面を傷つけないための配慮がなされている。

■多機能カバー
 ◆スタンド機能付カバー
 Kindle ペーパホワイトをオフィスで使う場合等には、Kindle ペーパホワイトに書類や参考資料を送信してKindle ペーパホワイトをセカンドスクリーンとして利用するといった人にお勧めなのがこのタイプ。ディスプレイの横に立てかけておくことでKindle ペーパホワイトをもう一つのディスプレイとして活用出来る。
 

 ◆スタンド&収納ポケット付カバー
 ここまで紹介したケースは全て本開きタイプだったが、こちらは縦に開くタイプ。そのためケースを簡易スタンドとして利用出来る。収納ポケットも付いているため、メモ帳や領収書などを格納しておくのも良いだろう。どんな用途にも使える万能タイプ。

■インナーケースタイプ
 本体ケースを付けたくは無いが、鞄の中にKindle ペーパホワイトを入れる時に画面が傷ついたり割れたりするのが心配という方には、こちらのインナーケースタイプをお勧めする。鞄の中に収納する時はこのインナーケースに入れておけば外部からの衝撃を吸収してくれる。本体カバーを付けるわけでは無いので、読書時にはKindle Paperwhiteの携帯性も損なわれない。

 

★Kindle Paperwhite を着せ替えたい方はスキンに関する記事をご参照下さい★
Kindle Paperwhiteの厳選スキン24選



この記事のタグ:


関連する記事

  • 電子書籍、AR、世界同時配信、週刊誌の未来が詰った「少年ジャンプ45周年記念号」

  • 電子書籍時代突入で「一巻目」は格安価格で提供する時代

  • iPad + Kindle を持ち歩く人にお勧めのケース muse

  • Kindle Paperwhite に Instapaper の未読記事を自動配信する

  • Kindle fire HD カバー 5選を紹介

  • エンジニアに好評な Kindle Paperwhite

  • Kindle Fire ケースカバー 5選を紹介

  • Kindle テストマーケティングの勧め

  • kindlegen download 方法

  • Kindle Paperwhite を電子辞書として利用する


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。