Kindle Paperwhite 充電が出来ない場合に確認すること

 Kindle Paperwhiteの特徴にバッテリーの持続時間が挙げられます。付属のUSBケーブルを利用して、パソコンのUSBに繋ぎ、4時間でフル充電となります。その後WiFi等を特に利用せず読書に集中するならば最長で約八週間無充電で利用可能です。通常利用でも一週間に一度程度充電していれば電源が切れることはまずありません。そのため余程のことが無い限り読書中に電源が切れるという心配は無いので安心して読書を楽しむことが出来ます。

充電方法

  ・付属のUSBケーブルをKindle Paperwhiteの下部に接続します。※マイクロUSBケーブルで充電可能なのでAndroid等の充電器が共有可能です。
  

充電状態を確認する方法

もし、Kindle Paperwhiteの充電が行えていない場合には、下記の状態になっているかを確認してください。
  ・Kindle Paperwhiteの充電中は、ホームの画面上部のバッテリアイコンに稲妻のマークが表示される。
  ・充電中は底部の表示ライトが黄色に点灯する。

充電が完了すると、底部の表示ライトが緑色に変わります。

充電に関する注意点

 ・無充電期間はあくまでも目安。利用方法によって異なります。
 ・付属のUSBケーブルはパソコンの電源が入っている時にしか充電できません。
 ・PCからの充電はPCの仕様によって充電時間完了までの時間が異なります。
 ・電源コンセントから充電したい場合には電源アダプターを購入する必要があります。

●Kindle Paperwhiteの主な仕様

ディスプレイ ディスプレイサイズ6インチ、解像度212ppi、特許取得済み内蔵型ライト、フォント最適化技術、16諧調グレースケール
サイズ 169 mm x 117 mm x 9.1 mm
重量 Wi-Fiモデル:213グラム/3Gモデル:222グラム
システム要件 ワイヤレス接続対応、コンテンツのダウンロード時にPC不要
容量 2 GB (使用可能領域約1.25 GB)
クラウド Amazon のコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
バッテリー 明るさ設定10、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合、1回の充電で最大8週間利用可能。ワイヤレス接続およびライトの使用によって利用できる時間は異なります
充電時間 PCからUSB経由で充電で約4時間
3G接続
※3Gモデルのみ
HSDPAモデム(3G)、EDGE/GPRSフォールバック: Amazon Whispernetサービスを使用した、国内におけるDocomo 3Gの高速データネットワーク。詳しくはワイヤレス接続の利用規約をご確認ください。
Wi-Fi接続 802.11b、802.11g、または802.11n (bまたはgの互換モード) 標準規格を使用した、公共およびプライベートネットワークまたは無線LANスポット、パスワード認証によるWEP、WPAおよびWPA2セキュリティに対応
対応ファイルフォーマット Kindle(AZW3)、TXT、PDF、保護されていないMOBI、PRCに対応。HTML、DOC、DOCX、JPEG、GIF、PNG、BMPは変換して対応
ユーザーヘルプ スタートガイド(同梱)、Kindleユーザーズガイド(端末にプリインストール)。その他の情報はヘルプページで参照できます
保証とサービス 1年限定保証付き。国内の場合、オプションで別売の延長保証をご利用いただけます。Kindle の使用時は利用規約が適用されます
同梱内容 Kindle Paperwhite 本体、USB 2.0充電ケーブル、保証書、スタートガイド

★Kindle Paperwhiteのカバーを探している方へ★
Kindle Paperwhite カバー 5選を紹介

★お勧め Kindle Paperwhiteで読めるビジネス書★



この記事のタグ:


関連する記事

  • 電子書籍、AR、世界同時配信、週刊誌の未来が詰った「少年ジャンプ45周年記念号」

  • 電子書籍時代突入で「一巻目」は格安価格で提供する時代

  • iPad + Kindle を持ち歩く人にお勧めのケース muse

  • Kindle Paperwhite に Instapaper の未読記事を自動配信する

  • Kindle fire HD カバー 5選を紹介

  • エンジニアに好評な Kindle Paperwhite

  • Kindle Fire ケースカバー 5選を紹介

  • Kindle テストマーケティングの勧め

  • kindlegen download 方法

  • Kindle Paperwhite を電子辞書として利用する


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。