Kindle Paperwhite で テキスト、PDFファイルを読む

 Kindle Paperwhiteでは、テキスト、PDFファイルを特別な処理をしなくても読むことが出来る。

TEXT、PDFファイルを読む

 手順は簡単で、Kindle Paperwhiteの”Documents”フォルダにテキストファイルやPDFファイルを保存するだけ。

 1) パソコンとKindle PaperwhiteをUSBケーブルで接続する
KindleとパソコンをUSBで接続する

 2) ”documents”フォルダに画像ファイルを保存する
  例 \documents\test.txt

  ※documentsで閲覧可能なファイル形式は .txt .pdf .mobi の三種類。

 これ以外の非Kindleフォーマットのファイルを読みたい場合にはパーソナルドキュメントサービスを利用すると読むことが出来るようになる。

 なお、Kindle Paperwhiteはクラウドサービス等と連携することで、様々なドキュメントビューワとして機能する。興味のある方はコチラを参照して欲しい。



この記事のタグ:


関連する記事

  • 電子書籍、AR、世界同時配信、週刊誌の未来が詰った「少年ジャンプ45周年記念号」

  • 電子書籍時代突入で「一巻目」は格安価格で提供する時代

  • iPad + Kindle を持ち歩く人にお勧めのケース muse

  • Kindle Paperwhite に Instapaper の未読記事を自動配信する

  • Kindle fire HD カバー 5選を紹介

  • エンジニアに好評な Kindle Paperwhite

  • Kindle Fire ケースカバー 5選を紹介

  • Kindle テストマーケティングの勧め

  • kindlegen download 方法

  • Kindle Paperwhite を電子辞書として利用する


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。