iPhoneをゲームパッドに変える WynCASE

iPhone等のスマートデバイスの普及は急速にコンシューマゲーム機市場、ポータブルゲーム機市場を脅かす存在になっている。しかし、スマートデバイスはタッチパネルによる操作となるため、アクションゲーム等の複雑な操作を必要とするゲームには不向きだった。

しかし、その常識が近々覆されるかもしれない。「WynCASE」と言う、KickstarterにiPhoneをゲームパッドにするプロジェクトが注目されている。これは、iPhone 4/4s, 5 と第四世代と第五世代の iPod Touch で動作する。

電池不要でゲームパッドを実現する BridgeTOUCH テクノロジー

この「WynCASE」の特徴は BridgeTOUCH と呼ばれる技術を利用することで、ゲームパッドのために特別な電源を必要としないことだ。仕組みは非常に単純で、アルミ箔のような素材で少し離れた場所にかかった圧力を別の場所に伝えることが出来るようだ。

遅延も消費電力も発生しないとのことなので、ゲーム性を大きく向上させそうだ。



この記事のタグ: , ,


関連する記事

関連する記事は見当たりません…

プロフィール

大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。