今年は”脱パッケージメディア”を目指したい

私は映画が好きなので自宅にはDVDが100枚ほどある。これにCDやPS3のゲーム等と合わせると、DVDやブルーレイのソフトが狭い部屋の一角を占有している。この古いパッケージメディアが無くなれば、ここに机でも置けるのに、と。

年末、部屋を片付けていて感じたことは、映画はHuluに一生かけても見切れないコンテンツが揃っているし、ゲームも昔程は遊ばなくなった。特にDVDに関しては昨年は一度も手持ちのDVDを再生していない。DVDは観るというよりコレクションという側面もあるのだが、この「観ないけどコレクションする」という考え方がどうにも古臭いように感じてきた。(勿論、Huluに常に自分の好きな映画が観れる状態になっていないし、作品の入れ替わりも頻繁に行われるので好きな映画を所有しておくということは、まだ価値があるが)

そこで2013年の目標は「DVDやブルーレイのソフトを一枚も購入せず、利用しない」ということを目標にしたい。もしこのライフスタイルが実現出来るなら、2014年はソフト類や再生装置は全て処分したい。

スマートデバイスにコンテンツを集め、ワイヤレス技術でテレビに表示

これから家電を買いかける時は、下記の基準を満たす機器へ買い換えて行きたいと思う。

 1) スマートデバイス・パソコンと連携が可能なこと
 2) WiFi、bluetoothをサポートしている
 3) スマートデバイス・パソコン・音響機器とワイヤレスで接続可能なこと

コンテンツはスマートデバイス、又はクラウドに保管し、ケーブル配線不要で電源を入れれば即家庭内の他機種と連携する。そんな基準を満たした家電に置き換えていきたい。このブログでもスマートデバイスと連携可能な家電製品など気になる物があれば随時紹介していきたい。



この記事のタグ:


関連する記事

関連する記事は見当たりません…

プロフィール

大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。