通信事業者の収益源は2014年にモバイルと有線接続が逆転する

過去十年間は、通信事業者の収益は有線ブロードバンドからもたらされていた。Ovum社の調査会社による新しい予測では、モバイルブロードバンドによる次の時代へシフトしていることを示している。
2014年には、通信会社が初めて固定ブロードバンドとモバイルブロードバンドの収益力が逆転する。これは、新しいインターネットのビジネスオポチュニテイが存在することを示している。

CHART OF THE DAY: The Runaway Growth Of Mobile Broadband  Read more: http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-mobile-broadband-growth-2013-1#ixzz2H0mT3Vs2

原文:http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-mobile-broadband-growth-2013-1



この記事のタグ:


関連する記事

  • ロボットビジネスの開拓を始めた韓国通信事業者

  • 韓国SK telecom 世界で始めてLTE-Advancedを提供開始

  • 通信業界トピック 第三週

  • ソフトバンク、イー・アクセスの株を0.67%売却

  • 米クリアワイヤ、米スプリントからの買収案に合意

  • LTEとかWiMAXとか4GとかAXGPとかって何が違うの?進化の過程を解説

  • 不発に終わったドコモの冬モデル

  • Google ネット検閲反対を訴える takeaction をオープン

  • 「文字を読む」ブログから、「見てタッチする」ブログへ

  • グーグル、データ通信料不要の「フリーゾーン」をフィリピンで提供開始。非インターネットユーザの獲得狙う


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。