HTC 中国販売店舗を2000店舗に拡大予定

2011年6月19日、HTCの劉慶東(Fred Liu)・執行副総裁は、台北で開かれたモバイルインターネットフォーラムに出席し中国市場での展開について言及した。中国市場における販売店舗を現在の630店舗から2011年末までに2000店に拡大する意向を示した。

現在、HTCは630店舗を中国で持っており、このうち70店舗がフラッグシップ店となっている。小売業界は中国のテレコム市場は、台湾の10倍の規模であり、HTCは中国に台湾の10倍の店舗が必要であると指摘している。



この記事のタグ: ,


関連する記事

  • 中国 スマートテレビ応用元年

  • 中国の新興メーカ最新技術で世界の携帯市場へ意欲

  • チャイナテレコム 天翼クラウドコンピューティング構想を発表

  • 【中国】オンラインゲームでの実名登録を法律化。2010年8月1日から施行。深刻な若年層のネット中毒による被害減少が狙い。


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。