Haier 脳波で操作するスマートテレビをデモ CES2012

中国家電大手のハイアールはCES2012で、脳波で制御するスマートテレビのデモを行った。脳波を読み取る特殊なヘッドセットを装着し、脳の神経細胞であるニューロンの電気信号を読み取ることで、テレビを操作する。このヘッドセットは米国のNeuroSkyが開発した。

CESのデモではゲームのキャラクターを上下に操作するというごく単純なものだが、将来的にはテレビの音量の上げ下げなどをこのヘッドセットから行えるようにする計画があるという。身体が不自由な人でもテレビの操作を行えるようになる。



この記事のタグ: , ,


関連する記事

  • テレビ局が動画配信をやるべき理由

  • 日テレ、「放送終了直後」から。見逃し番組の無料視聴サービス開始

  • 放送と通信の融合の課題ってそもそもあるのかな?

  • スマートビエラはなぜ、CMを拒否されたのか?

  • ハリーポッター祭りが挑戦する、テレビ局にとっての番組ホームページのあり方とは?

  • 中国 スマートテレビ応用元年

  • スマートテレビ、賢いのはテレビではなく「ユーザ」

  • ポーランドで急増するスマートテレビ

  • 「隙間時間ビジネス」の時代に新しいテレビの視聴スタイルを提案する、KDDIの「TVダイジェスト」


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。