4G LTE端末の2012年世界出荷台数は1億3百万台に到達

ABI Researchの調査によると、2012年に全世界で出荷された4G LTE対応端末の台数は1億3百万台に到達。そのうち約95%は、アメリカやアジアで販売された。

マーケットリサーチャーは、昨年は5800万人しか居なかったLTE加入者が、2017年までに7.85億人に到達するグローバルトレンドの始まりだと述べる。

LTE市場の急速な立ち上がりはサムスンのギャラクシー3、アップルのiPhone4s、iPhone5といったスマートフォンが多大な貢献を示している。一方、タブレットについては335万台と低調で、多くのタブレット利用者はWiFi利用を選択しているようだ。

原文:http://www.ibtimes.com/103m-mobile-devices-shipped-4g-lte-capability-2012-993978



この記事のタグ: , ,


関連する記事

  • 韓国SK telecom 世界で始めてLTE-Advancedを提供開始

  • スマートフォン、BRIC市場における成長余地

  • チャイナモバイル 470万台のTD端末を購入

  • 2012年ドコモのMNP転出超過数は-131万3200件で一人負け

  • 米モバイル加入者動向 ComScoreレポート 2012年11月末分

  • 不発に終わったドコモの冬モデル

  • DoCoMoの次世代無線通信 LTE、Xiが2011年は苦戦すると考える三つのポイント。成功の鍵は高速データ通信空間の開拓。


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。