2012年ドコモのMNP転出超過数は-131万3200件で一人負け

TCAは2013年1月10日、2012年12月末時点の携帯電話・PHSの事業者別契約数を発表した。

純増数はソフトバンクモバイルが27万4700件でトップ。KDDIが23万9200件、ドコモが23万5100件と続いた。3キャリア合計で74万9100件の増加となり、総加入者数は1億2912万7300件となった。PHSのウィルコムは4万1500件の増加となっており、携帯電話・PHSの総計は1億3407万600件となった。

MNP利用はKDDIが10万2400でトップ。続いてソフトバンクモバイルが3万900件、ドコモのみ転出超過で13万2100件の転出超過となった。一部ネットではauのiPhone5で「パケ詰まり」が発生し解約が殺到しているというような噂も出回ったが、解約殺到はデマだったことが明らかになった。

iPhone5が好調なソフトバンクモバイルとKDDI。iPhone5が無いドコモの苦戦とトレンドに大きな変化は無い。各社のコメントをITmediaから引用する。

KDDIは「iPhone 5の販売が引き続き好調に推移していることに加え、冬モデルのフラッグシップモデルとして投入したHTC J butterfly HTL21も好評を博している」(KDDI広報)と説明。ソフトバンクモバイルは、iPhone 5の投入に合わせて実施している下取り施策や、家族に渡したお下がりのiPhoneを安価な月額料金で利用できるキャンペーンが好評なことや、iPhoneのテザリング開始、iPad miniの発売などが純増に貢献しているという。

 NTTドコモは、「iPhoneの影響でポートアウトが続いて苦戦している」(ドコモ広報)としながらも、12月は冬モデルの新端末とキャンペーンの組み合わせで“割引で安価に購入した1台目のスマートフォンを起点に、割引価格で利用できるタブレットやデータ端末を使う”といった流れをつくることができ、それが純増に貢献したと分析している。「『Xiスマホ割』『プラスXi割』『家族セット割』が上手くかみ合い、スマートフォンを中心に販売が伸びた」(同)。

NTTドコモの純増はKindle Paperwhiteが支えているのでは無いか?

ドコモ広報部のコメントでは「スマートフォンを中心に販売が伸びた」となっており、確かに携帯IP接続サービスは先月の-22万2500件から-10万5000件と半減している。また、10月、11月と関東地方を除いた全ての地域で純減となっていたが、12月は東北地方を除いて全ての地域で純増に転じることが出来た。若干回復の兆しが見えたように見える。

しかし、一方で今月ドコモの通信モジュールの純増数が先月の5万3千台から13万9400台と倍以上増加している(二位のソフトバンクモバイルは8万2300台)。通信モジュールにはドコモがMVNOとして提供している機器の契約数が含まれるためアマゾンの Kindle Paperwhite等もここに含まれる。スマートフォンが先月より売れたという要因も確かにあるかもしれないが、Kindle Paperwhite 人気にも相当助けられている部分はあるのでは無いだろうか。

年間累計でも目立つドコモの一人負け

2012年通年での数値も発表された。
年間純増トップは348万6700契約のソフトバンクモバイルで5年連続でトップを維持。2位は251万9700でKDDI、3位は136万3700のドコモとなった。
MNPは、KDDIが93万3000でトップ。続いてソフトバンクモバイルが39万3300で二位。ドコモが-131万3200と、一社のみ百万件を超える転出を記録し厳しい一年となった。

2013年はこのままのトレンドを継続するのか、それともドコモがiPhoneを取り扱い、三社が拮抗するのか。技術力、品質では世界でもトップクラスのドコモの巻き返しに注目の一年になるだろう。



この記事のタグ: ,


関連する記事

  • ドコモ、通信モジュール、携帯電話共に純減。ブランド力低下の兆候

  • ドコモまた純減 2013年1月 携帯電話契約数

  • スマートフォン、BRIC市場における成長余地

  • チャイナモバイル 470万台のTD端末を購入

  • 4G LTE端末の2012年世界出荷台数は1億3百万台に到達

  • 米モバイル加入者動向 ComScoreレポート 2012年11月末分

  • 不発に終わったドコモの冬モデル


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。