BLOGOSは記事の個別削除を受け付けてくれる

本日連絡を頂いたのだが、BLOGOSは申請すると個別に記事を削除してくれるとのことだ。

これなら掲載一ヶ月が経過した記事は削除する等の措置をとって貰うことも可能かもしれない。こういった措置をとってくれるなら、上手くBLOGOSというプラットフォームを活用すれば、認知獲得+オウンドメディアの検索流入確保が両立出来るかもしれない。

BLOGOS掲載者でオウンドメディアへのトラフィック流入を優先させたい記事がある方は、これで少しは悩みが解決するかもしれない。



この記事のタグ:


関連する記事

  • 記事が無断転載された時の対処法

  • BLOGOS転載による認知獲得の結果

  • 全文転載メディアに対する対策を考えた。

  • BLOGOS退会したら検索流入が三倍に増加した

  • 変化するブロガーの発信力とそれに追いついていない検索アルゴリズムと広告モデル


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。