勉強会を成功させる三つの方法

昨日は、私主催の「ソーシャルメディアを活用したパーソナルブランディング勉強会。Twitter、ブログ編」を開催させて頂き、多数の方にお集まり頂くことが出来ました。この場を借りてお礼申し上げます。

また、次回は孫泰蔵さんから「ソーシャルメディアの未来」をテーマに講演頂く予定です。日時等決まりましたら、こちらのブログで告知させて頂きます。

こんな風に、いじってくれる、ITmediaの方々も僕は大好きです。

「奇妙な国日本で、これから社会人になる人達へ(ASSIOMA)」で、人気ものになったオルタナブロガー大元さん(婚活中)が、本日「ソーシャルメディアを活用したパーソナルブランディング勉強会」を開催。Ust中継しています ^番長  http://bit.ly/aX12EeFri Jul 02 10:37:01 via web

当日の勉強会内容は、録画されておりますので、後日、閲覧方法等を当ブログでもご紹介させて頂きます。

7月2日 ソーシャルメディア勉強会での反省点

 本当に言い訳でしか無いのですが、二週間前に体調を壊し、体調自体は復調していたものの、気管部分に炎症が少し残っていたようで、咳が止まらない状態でセミナーを開催する事になりました。当たり前の事ですけど、体調管理には気をつけないといけませんね。

 また、本来ならリハーサル等も行ないたい所でしたが、資料の準備等が直前までかかってしまい、これも出来ていませんでした。例え無料のセミナーとはいえ、一回、一回丁寧にこなさないと、自分自身のプレゼン技術向上につながらないので、練習してから望むようにしたいと思いました。そもそも、足を運んで下さった方々に失礼だと思いますし。

 かなり準備不足な点もあったのですが、今回ご協力頂いた、KDDI Web Communications様のお陰で、会場設備、Ustreamの配信等、当方の準備不足を感じさせないセミナーになりました。ご協力有難う御座いました。

今回の私自身の準備不足の反省も踏まえて、これから勉強会を開催される方のために、三つのTipsを贈ります。

1.勉強会の企画段階で検討すべき事

1) 勉強会のテーマ決定
  - 参加者に持ち帰って貰いたいテーマは何か?
    参加して貰うだけなら意味が無い。
    耳を傾けて貰った事で、参加者の行動や意識に変化を与える内容である事を心がける。

2) セミナー参加費の決定
無償で開催するメリットとデメリット

  • 様々な方が参加可能であり、学生、若い世代の人も参加しやすくなる
  • Ustreamによる配信も同時に行える
  • 無償のため気軽に申し込めるため、参加者の意識が低くなる(場合がある)
  • 会場提供者を確保する必要がある

有償で開催するメリットとデメリット

  • 高い意識で参加する人が多くなる
  • 私設のセミナー会場が利用可能になる
  • 参加者の敷居が高くなり、学生、若い世代の参加率が低下する

3) 集客予定人数の決定

4) 告知方法の検討
一般的な告知方法として下記の方法があります。

  • Tweetviteで告知
  • Twitterで告知
  • ブログで告知
  • Facebook、mixi等のSNSで告知

Point

  • 事前に招待したい人数は、tweetviteの「Limit RSVPs」から引いておく
  • 名札を用意して貰えるように声をかけておくと、懇親会で便利

5) 開催場所の確保
下記の内容を確認し、総合的に判断します。

  • 使用料は発生するか?
  • 参加者からのアクセスの便利は良いか?
  • PCは持ち込み可能か?
  • プロジェクターの有無は?
  • インターネットへは繋がるか?
  • PC用電源コンセントは借用可能か?

■2.勉強会当日の流れ
1) 懇親会がある場合には、参加者リストを作成すること
  - 会費の回収漏れを防ぎ、お金のトラブルを解消する

2) 開催30分前には会場に入り、準備を行う事

  • プロジェクターの設定
  • PCの設置
  • ネットワークの設定
  • 席の並び替え(場所をお借りしている時は手伝う事)
  • マイクボリュームの調整
  • Ustreamを利用するのであればカメラ位置、音量の調整

3) 勉強会開始でアナウンスする事
  - Twitterハッシュタグを告知
  - UstreamのURL告知
   ※もし、Twitter、Ustream禁止なら、それも告知しておく事

4) 参加者に敬意を持って開始する
  - 例え無料でも、その場に足を運んで貰った事に感謝する事

■3.懇親会で注意すべき事
 1) 懇親会会場の選び方
  - 勉強会の場所から徒歩数分の場所を選ぶ事
    勉強会の興奮をそのまま、懇親会へ持ち込める配慮が必要
  - 座席より、掘りごたつや立食形式の方が移動しやすい
    参加者同士の交流が行い易い
  - 男性参加者が多い場合は飲み放題にしておくこと

 2) 会費は開始前に回収する事
  - お酒が入ったあとでは、トラブルが起きる可能性も
  - 回収時には参加者リストを互いに確認し、「払った、払ってない」を防ぐ事

 3) 主催者は参加者全員と話す事を心がける
  - 参加してくれた人は、主催者に会いに来ているので
    特定の席に留まらず、出来れば全員と会話する事

 4) セクハラやナンパ行為は注意する事
  - Twitterでの勉強会は女性参加者が多いのが特徴
    女性の方が安心して参加出来るように、配慮するのも幹事の仕事

■勉強会を開く意義ってなんだろう?
「無料で、資料作成に時間かけて、勉強会開いて何か徳する事あるんですか?」と聞かれる事があります。そんな時に「人脈形成出来るし…」とか答えていたんですが、最近は違います。

人脈形成みたいな大げさな事は考えていません。むしろ、仕事抜きで仲良くなれる仲間が集まれればそれでいいかなと思っています。
しかし、それだと、やっぱりかけてる労力が報われない、でも、勉強会を開きたいと思う、「うーん、なんでだろう?」と考えていた時に、とてもしっくりくる、考えに辿りつきました。

その昔、吉田松陰という方が、松下村塾という私塾を作りました。この私塾は月謝は無料で、学びたい時に、学びたい仲間が集まり、共に志を立て、切磋琢磨する「場」を提供されたそうです。この私塾からは、久坂玄瑞、高杉晋作、吉田稔麿、入江九一、伊藤博文、山県有朋、前原一誠、品川弥二郎、山田顕義、野村靖等、明治維新で日本を変える動力源となった多数の優秀な人材を輩出しています。

吉田松陰のように立派になりたい、革命を起こす気なんて毛頭ありませんが、「学びたい時に、学びたい仲間が集まり、共に志を立て、切磋琢磨する」これって素晴らしい事だなって共感しました。

何か新しい事を学んだり、習得に時間のかかる知識を学ぶには、一人では、モチベーションを維持する事は難しい。けれど、ソーシャルメディアで同じ分野について学びたい人が集まり、自分のモチベーションが保てるのなら、これは凄い財産だ。

そう、考えるようになった時、こんな風に思うようになりました。
 - 無料や有償という事より、自分の「学びたい」という動機を与えてくれる人達に出会える事、これの方が何倍も重要
 - 「利用価値のある人脈」を探すより、「仲間」を作った方が、より深い絆になる

もの凄い甘い考えかもしれませんが、こんな考えで開催している勉強会ですが、共感してくれる方はどんどん参加して欲しいと思います。また、こういった考えに賛同し、場所を提供して下さる企業の方々や、講師として参加して下さる方には感謝の気持ちで一杯です。

■7月2日ソーシャルメディア勉強会参加者の声

大元さん(@takashi_ohmoto)の勉強会に参加させていただいた。こういうの初めていったけど、すごいいろんな話が聞けて楽しかったです。ありがとうございました!Fri Jul 02 14:28:55 via Twitterrific

@takashi_ohmoto 今日は本当に有難うございました&お疲れ様でした。大元さんの着眼点、本当に素晴らしいと思いながら聞かせて頂きました。喉の調子、大丈夫ですか?今度は是非ゆっくりお話お聞かせ下さい。今後とも、宜しくお願い致します。Fri Jul 02 17:42:53 via web

昨日はありがとうございました。大元さんの話しから懇親会の出会いまで、刺激的なものばかりでした。また是非いろいろシェアしたいです。@takashi_ohmoto @topos0204 @jrpj2010 @vividrun @dai39ideSat Jul 03 04:38:00 via Twittelator

@takashi_ohmoto 昨日は非常にためになる勉強会を催して頂き有難うございました。会の内容はもちろん大元さん自身とお話できた内容が、自分にとって今後どう生きるか考えるきっかけになりそうです。二回目も楽しみにしております!Sat Jul 03 04:21:29 via TwitBird

@takashi_ohmoto 昨日は有意義な勉強を企画してくださり、ありがとうございました!草食系、人見知りを言い訳にして内に籠ってばかりいると面白いことを逸しているんだなと実感し、自分を見直す良い契機です。それにしても写真よりもかっこよくて男の色気もほとばしっていましたw素敵Sat Jul 03 03:53:56 via twicca

@takashi_ohmoto 昨日は遅い時間まで本当にありがとうございました!また是非是非お会いいたしましょう。とてもためになりました、懇親会もとても楽しく有意義でした!Sat Jul 03 03:41:12 via web

@takashi_ohmoto 昨日はありがとうございました。今回は人に頼まれての参加でしたが、そいつらに聞かせたいこと満載でした。またよろしくお願いいたします。個人的にはfacebookがうまく使いこなせません・・・Sat Jul 03 03:39:51 via TweetDeck

@takashi_ohmoto こんにちは!ユニクロ女子大生です:)昨日はありがとうございました。気づきの多い勉強会でした。早速今日から実行していきたいです。今後とも宜しくお願いします!Sat Jul 03 03:36:07 via Echofon

@topos0204 @takashi_ohmoto さんの企画力ですね!凄い〜!QT: @jrpj2010 @vividrun @ukily @dai39ide 皆様お疲れ様でした!これまでに参加したソーシャルメディア関連の懇親会の中でも随一の楽しさでした!Sat Jul 03 03:33:29 via TweetMe for iPhone

@takashi_ohmoto 昨日は本当に有難うございました。とても楽しく勉強させて頂きました。SPA!の立読みはやめようと思います。Sat Jul 03 03:25:10 via Keitai Web

@takashi_ohmoto 昨日の勉強会、とてもタメになりました。さっそくプロフィールの改造を考えます!ありがとうございました!お体ご自愛下さい。Sat Jul 03 02:46:09 via HootSuite

@takashi_ohmoto 昨日は有り難うございました。すごく有意義な時間でした。自分も若手のエネルギーになれるよう、積極的に行動したいと思いました。これからもよろしくお願いします!Sat Jul 03 00:09:47 via web

@takashi_ohmoto さんの勉強会 (ソーシャルメディアを活用したパーソナルブランディング勉強会。 http://bit.ly/dAvbF9 )に参加させていただきました.共感する点も多く,多様な分野の方ともお話が伺えて,充実した会でした.ありがとうございました.Fri Jul 02 22:04:42 via Echofon

大元さんはやはりイケメンでした(笑)たまには外にでてみるものですね。皆様お疲れ様でした。Fri Jul 02 14:12:48 via yubitter

プレゼン内容も大変勉強になりましたが、ポテンシャルをもった多くの方とお話しできたのが何よりの収穫でした。ありがとうございました。RT @takashi_ohmoto 昨日の勉強会の参加者リスト等も記載しました。ソーシャルメディア勉強会の反 http://bit.ly/b3dfCHSat Jul 03 07:00:03 via web



この記事のタグ: ,


関連する記事

  • 企業が勉強会を開催する利点

  • FBで人に言えない「内緒のコミュニティ」に入るのは気をつけよう

  • 市場原理に従い質低下が危ぶまれる東洋経済オンライン

  • 2013年版 絆の種類

  • ソーシャルCRMでコールセンタのコスト削減

  • ソーシャルメディアが晩婚化を助長する?

  • 「SNSで目立ちたい症候群」に企業はどう対処すべきか

  • イノベーションを生み出すスマートオフィス

  • 差が付きはじめた携帯三社のソーシャル評判

  • クリエイターになるということ


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。