ダイオウイカとは?

クラーケンの「モデル」とも言われる、巨大なイカ、ダイオウイカ。現在までに発見された最大のものは、1878年にニューファンドランドに打ち上げられた、全長16.8メートルのダイオウイカ。 これが公式記録では最大となっており、非公式のデータでは最大27メートルに到達するものもあったという。
イカでありながら時にマッコウクジラと闘うこともあるという。

ニューファンドランド島に設置されているダイオウイカの模型

Glover’s Harbour Giant Squid Interpretation Centre, Newfoundland Canada in Canada

ダイオウイカやクラーケンについて熱心に解説されたサイトがあったので、紹介したい。
・世界最大のイカ ダイオウイカ “Giant Squid” 大王烏賊
(ダイオウイカは実在しているが、クラーケンなどは想像上の生き物なので、息抜きと思ってみて欲しい。しかし、誰もが一度は海の巨大生物に憧れたことがあると思うので、たまには童心に戻ってみるのも良いだろう)

★お勧め ダイオウイカ等海の生物の生態★
・海に生きるものたちの掟 食うか食われるか、命を受け継ぐ食物連鎖の秘密

参考動画:海外でも話題になったダイオウイカの動画



この記事のタグ:


関連する記事

関連する記事は見当たりません…

プロフィール

大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。