Facebook ニュースフィードに表示される広告を消す方法

昨年末あたりから、Facebookのニュースフィードを見ていると「あれ、この投稿前にも見たことがあるな」と感じることが多くなった。そう感じることの多い投稿の大半は「宣伝」。てっきり、何度も何度も同じ投稿をして宣伝しているのかと思っていたら、良くみると「広告」という文字が書かれていた。

広告の正体は「スポンサードストーリ」

従来からFacebookは「Sponsored Ads」と呼ばれる広告を提供しており、これは画面右側に表示されているものでニュースフィードには広告は流れて来なかった。そのためユーザ間の交流に邪魔と感じるものでは無かった。

しかし、「Sponsored Stories」と呼ばれる新しい広告方式が提供されるようになり、これによってニュースフィード内に「広告」が流れてくるようになった。

実際にはかなり前から提供されていた機能だが、国内でもFacebookによる広告が認知されてきたのか、ここ最近良くみるようになってきた。しかし、これがかなりの頻度で流れてくるため、かなりわずらわしい。

このスポンサードストーリを非表示にしたいと感じているユーザも多いのでは無いだろうか。

スポンサードストーリを消す

残念ながら「スポンサードストーリ」全てを消す方法は提供されていない。本手順では「個別投稿を非表示にする方法」と「同じ広告主からの投稿を非表示にする方法」の二つの方法を紹介する。

 1) 投稿の右横にある▼のボタンを押す

 2) 非表示にする、スパム報告のどちらかを選ぶ
  非表示にする、スパム報告をするのどちらでも「非表示」になる。通常は「非表示」を選び、「悪質な広告」と感じるような場合は「スパム報告」を選択すると良いだろう。

 3) 同じ広告主の広告を全て非表示にする
  これは任意だが、2)の操作を行うと「○○○からの記事をすべて非表示にする」というリンクが表示される。このリンクをクリックすれば、この広告主からのスポンサードストーリは表示されなくなる。

 スポンサードストーリを全て非表示にする設定は現在提供されていないが、個別投稿、同一広告主からの投稿は上記の方法で非表示にすることが可能だ。

広告主にとってスポンサードストーリは諸刃の剣

私が見たスポンサードストーリに面白いものがあった。ある書籍なのだが、あまり評判が良くない書籍でそのスポンサードストーリに付いてるコメントが「辛辣なコメント」が多くついていた。「広告」というより「出来の悪さ」をお金を払って広めている状態になっていた。

また、版元の人が「増刷決定しました!」というコメントでスポンサードストーリになっている投稿を何度も見てると「また、宣伝投稿か」と、スポンサードストーリなのか、「普通の投稿」なのかを一見すると区別しずらいので、私はその人のことを「何度も同じ宣伝投稿する人」と誤解してしまっていた。

「スポンサードストーリ」は強制的に「ニュースフィード」に流れるため「認知獲得」には強力な広告効果が期待出来る。しかし、ユーザの交流の場に強制的に割り込む仕組みであるため、印象悪化を招く恐れがあるという「諸刃の剣」である点にも留意して、上手に使うことを推奨する。



この記事のタグ: ,


関連する記事

  • FBで人に言えない「内緒のコミュニティ」に入るのは気をつけよう

  • Facebook Wi-Fiの衝撃

  • Facebook投稿 「宣伝する」 機能を使ってみた

  • DICK’S Sporting Goods が展開する「RUNFOR」が素晴らしい

  • Facebook悪徳活用事例 感動系エピソードを利用した情報商材販売

  • FacebookグループでDropboxとの連携が可能に

  • Facebookの人気に陰り?

  • Facebook 中毒に関する Infographic

  • Facebookにトロイの木馬を仕掛けた、ヤフージャパン

  • Facebookページのリニューアルで改めて考える「Facebook依存のリスク」


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。