ドコモまた純減 2013年1月 携帯電話契約数

TCAは2013年2月7日、2013年1月末時点の事業者別携帯電話・PHS契約数を発表した。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル3社の累計契約数は1億2952万3500件で前月比0.3%増。PHSの累計契約数は498万6900件の前月比0.9%増。携帯電話3社とPHSの合計契約数は1億3451万0400件で前月比0.3%の増加となった。

純増数トップはソフトバンクモバイルで24万1600件、二位はKDDI 16万7500、NTTドコモのみ-1万2900件の純減となった。ドコモの純減は2012年11月ぶり。僅か一ヶ月で「純増」がストップした。

MNPトップはKDDIで8万3900件、二位はソフトバンクモバイルで6万1800、NTTドコモのみ-14万4700の転出超過となっている。

ドコモの通信モジュールの販売が減少

TCAの発表する純増数にはスマートフォンや携帯電話以外の通信モジュールも含まれる。そのためこの純増数だけを見ていたのではスマートフォン等の純粋な増加数や傾向はわからない。ここに、ドコモの2012年10月から2013年1月までの純増数と通信モジュールの割合を示した表を示す。
NTTドコモの純増数と通信モジュールの関係

ドコモが純増に転じた月の通信モジュールは10万件を上回り、通信モジュールが5万前後しか売れなかった月は純減に転じている。ドコモは12月の好調は新製品の売れ行きが好調、先月の純減は春端末を見込んだ買い控えが起こったと説明しているが、通信モジュールが下支えしており先月は通信モジュールの売れ行きが少なかったのが原因のようにも見える。

携帯IP接続サービスが毎月純減なのでこちらの値の方が、今の消費者から見たドコモの評価を反映しているように映る。いよいよ近づく春商戦ドコモの巻き返しに注目したい。



この記事のタグ:


関連する記事

  • ドコモ、通信モジュール、携帯電話共に純減。ブランド力低下の兆候

  • 2012年ドコモのMNP転出超過数は-131万3200件で一人負け

  • 不発に終わったドコモの冬モデル


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。