RFIDによる「おもてなし」ディズニー、MyMagic+を発表

米ウォルトディズニーはMyMagic+と呼ばれる休暇管理システムを導入することを発表した。

このシステムはMy Disney Experienceと呼ばれるWebとスマートデバイス用アプリを利用する。
・My Disney Experience
 - iOS
 - Android

このアプリからパークへ行く前にレストランの予約、アトラクションの予約ができる。パーク内に居るときもこのアプリを使えばディズニーの最新アトラクションの開催状況を確認することが出来る。これらの事前予約は従来のFastPassをより強化した「FastPass+」と呼ばれる。

My Disney Experience – Walt Disney World

更にRFIDを内蔵したゴム製のリストバンド「マジックバンド(MagicBand)」を来園者に配布することを計画している。このマジックバンドでアトラクションへの入園やパーク内での買い物を済ますことが可能になる。My Disney Experienceに事前登録していたアトラクションの時間になるとこのマジックバンドが知らせてくれる。また、名前を入力しておくと、ミッキーマウスや園内スタッフが名前を呼んで応対してもらうことも可能となるという。

ディズニー側としては来園者の行動・購買データからより適切なマーケティングが可能になる。また、来園者が「金銭の支払い」という現実世界の行為をディズニーテーマパーク内で「忘れる」ことで、よりディズニーの世界に「没入」することが新たな「パークでの体験」に繋がるという。

MyMagic+

流通業界ではRFIDに期待は大きいもののプライバシーが問題視されていた。しかし、ディズニーが一部とはいえ採用することで、流通業界のRFID採用動向に影響を与えることになるだろう。



この記事のタグ: , , ,


関連する記事

  • グーグルグラスの技適申請状況について

  • Intel ウェアラブルコンピュータ時代を視野にファション分野での協業を強化

  • Pebble 高級感のあるステンレス・スチール版提供開始

  • グーグルグラス購入の注意。日本からはアクティベート出来ない可能性有り

  • Brain Disco 観客の脳波でDJコンテスト

  • タトウ型バイオセンサーを利用したアスリートの乳酸監視

  • 職業犬と人間のコミュニケーションを支援するFIDO

  • グーグルグラスとiWatchへの期待がウェアラブルコンピュータ市場への期待を高めている

  • Intel新CEO 「ウェアラブルコンピュータはモバイル業界の主戦場になる」

  • クアルコムもスマートウォッチ市場参戦か?


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。