ソーシャルメディアウィーク 情報を食べる蜘蛛 ナレータ募集

2013年2月21日18時10分から講談社で開催される「世にも奇妙な「情報を食べる蜘蛛」の話」という、一風変わったテーマの講演。どんな中身か分からないと思う方も多いと思うので、今作成しているスライドの一部を公開します。

五匹の不思議な能力を持つ蜘蛛と、一緒に暮らす村人たち。絵本風なスライドで一つの物語を書いてみました。この物語を前半に使い、これを題材として後半に繋げていきたいと考えています。とはいったものの、今悩んでいるのは、絵本風のスライドってどうやってプレゼンしたらようのかというところ。スライドショーにして「無言」でスライドを見てもらうか、自分が読み上げるか、それともナレータとなってくれる人にお願いするか。

もし、「ナレータ」やってもいいよ。という方がいらっしゃいましたら、お声がけ頂ければ幸いです。もしかすると一緒にステージに立って頂くかもしれません。

情報を食べる蜘蛛

蜘蛛の特徴

はじめの蜘蛛

蜘蛛との暮らし



この記事のタグ:


関連する記事

  • FBで人に言えない「内緒のコミュニティ」に入るのは気をつけよう

  • 市場原理に従い質低下が危ぶまれる東洋経済オンライン

  • 2013年版 絆の種類

  • ソーシャルCRMでコールセンタのコスト削減

  • ソーシャルメディアが晩婚化を助長する?

  • 「SNSで目立ちたい症候群」に企業はどう対処すべきか

  • イノベーションを生み出すスマートオフィス

  • 差が付きはじめた携帯三社のソーシャル評判

  • クリエイターになるということ

  • 週刊誌を超える発信力を個人に与えるヤフーニュース個人


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。