アップルストアのデザインが商標登録

米国特許商標庁(USPTO:U.S. Patent and Trademark Office)は2013年1月22日、アップルストアのデザインに関する商標を認めた

アップルはもともと2010年5月に商標保護を申請していたが当時は認められなかった。今回商標として認められたのは、アップルストアの「ジーニアスバー」、「ガラス張りのストアフロント」「壁と並行に並ぶ、角張った長方形の机と椅子」など。

Apple Store

アップルの強さの一つにアップルストアの人気の高さがあるが、それを模倣するライバル店も続々と現れていた。マイクロソフトストアや、中国では大胆な模倣店が登場と、アップル人気にあやかろうとする店舗があとを絶たなかった。



この記事のタグ: ,


関連する記事

  • iPhoneを模したスティーブ·ジョブズ氏の慰霊碑がロシアで公開される

  • Touch On Display をアップルが次期iPhoneで採用か?

  • iPadミニ、第四世代と合わせて3日で300万台販売。それでもアップルは7インチ市場に参入すべきでは無かった


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。