iPad + Kindle を持ち歩く人にお勧めのケース muse

moshi muse for iPad Sahara beigeiPadを購入した当時、moshi社のmuseというカバーを購入していた。カバーの内側がマイクロファイバー素材で出来ているため、iPadを取り出す時に指紋を拭き取ってくれる点が気に入っていた。

今回スペイン出張で、スマートフォンとiPadとKindleの三台を持っていったのだが、このmuseが非常に便利だった。というのも、このカバーにはiPadを入れるポケットの他にもう一つポケットがついている。ここはタッチペン入れとして利用していたのだが、ここにKindleを入れるとすっぽり収まったのだ。
ipadとkindleが収まる

勿論Kindleを収納しているポケットもマイクロファイバーで出来ているので指紋を拭き取ってくれる。

旅行の際には荷物が嵩張るので出来ればまとめられる物はまとめたいもの。二台を一つのケースに入れて持ち歩けるのは収納の面でも便利だし、一箇所にまとめておけることで紛失防止にもつながる。また、ポケットタイプなので一旦取り出してしまえばiPadのデザインや、Kindleの軽さを損なうことがない。

もしタブレットと電子書籍リーダの組み合わせで利用している人がいれば、このmuseはお勧めだ。



この記事のタグ: , ,


関連する記事

  • 月額2100円で使えるリア充スマホ「PANDA」

  • 「SNSで目立ちたい症候群」に企業はどう対処すべきか

  • 電子書籍、AR、世界同時配信、週刊誌の未来が詰った「少年ジャンプ45周年記念号」

  • サムスン、未来のスマートフォンのコンセプトを公開

  • エリクソンの調査データから独自のグラフを作成可能な「Traffic Exploration」

  • スマートビエラはなぜ、CMを拒否されたのか?

  • 新興国時代のスマートデバイス市場の勝者はアップルでもサムスンでも無くホワイトボックス

  • 国民所得によってスマートデバイスの普及OSが異なっている

  • WWDC 2013で感じたアップル下落の兆候

  • イノベーションを生み出すスマートオフィス


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。