絵本で学ぶインターネット 情報を食べる蜘蛛

ある所に「奇妙な蜘蛛」と生活する村がありました。この村の「蜘蛛」は不思議な力をもっていました。この蜘蛛には不思議な力がありました。寿命は無く、とても成長が速くて、食べる物は「情報」でした。
情報を食べる奇妙な蜘蛛

はじめの蜘蛛

初めの蜘蛛は葉っぱに書いた柄の蜘蛛の巣を作り出しました。村の人達は面白がって、自分の顔を書いたりしていました。「情報」を「複製」することが出来るようになったおかげで、村の人たちは「情報」を共有出来るようになりました。
はじめの蜘蛛

二番目の蜘蛛

暫くすると、蜘蛛の巣を食べる蜘蛛が現れました。この蜘蛛の吐き出す蜘蛛の糸は、大きな繭になりました。ある時、蜘蛛はみんなの人気者でした。何か尋ねると、昔食べた「情報」から応えてくれたからです。だから、みんなにとても好かれていました。

自分が見たもの、聞いたものを蜘蛛に食べさせると記録に残るので、村人は記憶することを止めました。
二番目の蜘蛛

三番目の蜘蛛

暫くすると、三匹目の蜘蛛があらわれました。この蜘蛛は人の名前が書かれた葉を好んで食べました。三匹目の蜘蛛は人の情報を整理してくれました。友達、記念日、住所、人に関する色んな物を記憶しました。

ある時、蜘蛛は人の過去を調べる道具でした。蜘蛛を悪用しようとする人が出てきました。何年も前の忘れてしまいたい過去の出来事を調べて人に言いふらしたり、ひどい時には仲間外れにしたりしました。

だれかが、蜘蛛に言いました。「わたしのことは忘れてほしい」と。でも、蜘蛛は「忘れる」方法を知りませんでした。蜘蛛が忘れてくれないので、村人の一人が村を出て行きました。蜘蛛は少し、、、さみしくなりました。
わたしを忘れて

四番目の蜘蛛

暫くすると、四匹目の蜘蛛があらわれました。この蜘蛛は人の言葉を好んで食べました。蜘蛛は人の言葉を理解することが出来るようになりました。この蜘蛛は話しかけられると蜘蛛達の間で伝言しあいました。

誰かが蜘蛛に良いことを言うと、それが村中に広まりました。色んな人の良い話が聞こえてくるので、人は自分で何かを考えるより、自分より賢そうな人を見つけてその人の意見をまるで自分思考のように捉えるようになりました。村人は「思考の代理人」を探すようになり、やがて自分で考えることを止めました。
よんひきめの蜘蛛

五匹目の蜘蛛

暫くすると、五匹目の蜘蛛があらわれました。この蜘蛛はとてもちいさくて、村人の手のひらに乗りました。五匹目の蜘蛛は不思議な力がありました。
大きな蜘蛛達と見えない糸で会話することが出来たのです。村人は小さな蜘蛛をいつも持ち歩きました。いつでも質問に応えてくれる小さな蜘蛛はとても便利だったからです。

でも、五匹目の蜘蛛は毒をもっていました。質問に応えるかわりに毒の針を村人に刺していたのです。でも、五匹目の蜘蛛の毒は人を気持ち良くしました。人は次第に、毒の虜になり、人は蜘蛛が手放せなくなりました。
五匹目の蜘蛛

蜘蛛と人

蜘蛛は村を出て行った、人の所に訪れました。そして、一言「ごめんなさい」と言いました。村人は蜘蛛に聞きました。あなたた達は何が望みなの?すると、蜘蛛は少し考えて、こう答えました「人間になりたかった」。

村人は蜘蛛に言いました。あなたた達はもう私達より、記憶力もあるし考える力もあるし言葉も話せる。人間そのものじゃないかと。

蜘蛛は少し考えると、嬉しそうに笑いました。そして、蜘蛛達は蒸気のように消えてしまいました。そして、蜘蛛達は蒸気のように消えて雲になりました。
雲になった蜘蛛

おしまい。

※蜘蛛のイラスト http://rubberstamping.about.com/od/digitalstamps/ss/Free-Cute-Spider-Digital-Stamp.htm

★下記リンクからナレーション付きで楽しめます★
情報を食べる蜘蛛 http://ustre.am/:1ZyHN
 



この記事のタグ:


関連する記事

関連する記事は見当たりません…

プロフィール

大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。