ハリーポッター祭りで Catching Sound を試してみた

今日から始まったハリー・ポッター祭り。私が楽しみにしていたのは「wiztv」を活用した、スマートフォンとテレビ音声の連動。早速試してみた。

① wiztvをダウンロードする
② Wiztvを起動する
③ ハリー・ポッターをテレビで観る
④ wiztvの画面上部のマイクをタッチ
  wiztvに「Catching Sound」と表示されていることを確認する
⑤ スマートフォンのマイク部分をテレビに近づける
  音声をキャッチできれば「ハリー・ポッターをキャッチ」と表示される。
⑥ 音声の取得が完了すれば、公式サイトへ自動的に接続される

所感
 テレビから2mほど離れていると音声を取得しづらいようだった。ボリュームをあげるか1m程度の所まで近づけると問題なく取得できた。もし、キャッチ出来ない場合には、テレビにスマートフォンを近づけてみると良いだろう。

 無事にバッジをゲット出来ると「嬉しい」。なるほど八回ある放送を見れば自然に4万ポイント貯まりロンドンツアーへの応募資格が手に入るようだ。
ハリーポッターのバッジをゲット

 テレビの音声をスマートフォンで拾うというのは、初めての体験ということもあり、面白かった。今後もこういった連携企画が増えることを期待したい。



この記事のタグ: ,


関連する記事

  • ハリーポッター祭りが挑戦する、テレビ局にとっての番組ホームページのあり方とは?


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。