NFV ホワイトペーパ和訳 イントロダクション

本文書はNetwork Functions Virtualisation – Introductory White Paperのイントロダクションを翻訳した物だ。内容の精度について保証するものでは無いので注意頂きたい。※

イントロダクション

通信事業者のネットワークは、多種多様であり、なおかつ、増え続けるハードウェア・アプライアンスで溢れている。ネットワーク・サービスを新しく立ち上げるために、新たなハードウェアが必要になる場合が多いし、その新たな筐体を設置するための場所や電力を探すことは、ますます困難になってきており、増え続けるエネルギーコスト、設備投資、複雑性を増すハードウェアベース・アプライアンス、それらを設計・統合・オペレーションを行えるスキル所持者の欠乏と解決しなければならない課題が多数ある。

更に、ハードウェアベース・アプライアンスのEoL(End Of Life)は、期間が急速に短くなってきており、設備購入、設計、統合、展開といったサイクルを繰り返すと、事業者は殆ど利益を得られない。より悪いことに、サービスのイノベーションが加速するに従って、ハードウェアのライフサイクルが短くなってきている。

こういった負のスパイラルが、収入を得るための新しいネットワーク・サービスの誕生を阻害し、ネットワークを中心として繋がっている世界のイノベーションを抑制している。

NFVの定義

Network Functions Virtualizationの目標は、標準IT仮想化テクノロジーを進化させて、いろいろな形のネットワーク装置を、図1にあるような、データセンタやネットワーク・ノード、そして、エンドユーザの施設にある、業界標準の高容量サーバ、スイッチ、そして、ストレージへと統合することにある。そこでは、業界標準のサーバ・ハードウェアについて、ソフトウェアによるネットワーク機能の実装を行い、必要に応じて、新しい機器を設置することなく、様々な場所に移動させたり、追加したりすることができる。

NFVのビジョン

Software Defined Networks (SDN) との関係

図2に示される通り、Network Functions Virtualizationは、Software Defined Networks (SDN)を高度に補うものと考えているが、SDNに依存するものではない(あるいは、その逆でもない)。Network Functions Virtualizationは、SDNなしで実装することができるし、この二つのコンセプトとソリューションは、結び付けて、いろいろな潜在価値を生み出すことができる。

SDNとの関係

Network Functions Virtualizationの目標は、SDNメカニズムを使わなくても、多くのデータセンタで使用されている、現行の技術を使って成し遂げることができる。しかし、SDNが提唱するような、コントロールデータ転送のプレーンを分離するようなアプローチだと、パフォーマンスを高めることができ、現存の機器との互換性問題を解決し、運用管理を容易にする。

Network Functions Virtualizationは、SDNをサポートし、SDNソフトウェアが動くようなインフラストラクチャを提供する。さらに、Network Functions Virtualizationは、SDN機器とお互いに近接な地位に並び、コモディティ・サーバやスイッチを使用する。

私たちの意図するところは、SDNを進めているOpen Networking Foundation (ONF) のような組織とともに働くことである。

★NFV関連のドキュメント★
 ・1.Executive Summary
 ・2.イントロダクション
 ・3.応用分野とユースケース



この記事のタグ: ,


関連する記事

  • SDN Japan 2013 Juniper SDNコントローラ Contrail を無償提供

  • SDNはフランス料理、従来ネットワークは寿司職人

  • NTT Com SDN技術を利用したクラウドマイグレーションサービスを提供開始

  • SDN/OpenCloud時代のアーキテクチャと運用を考える

  • NFVへ向けた布石 A10 DDoS WAF等を強化

  • NFV ホワイトペーパ和訳 推奨活動要望

  • NFV NFVホワイトペーパ和訳 NFVの課題

  • NFV ホワイトペーパ和訳 NFVの実現手段

  • NFV ホワイトペーパ和訳 Network Functions Virtualizationの利点

  • NFV ホワイトペーパ和訳 応用分野とユースケース


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。