ブログ更新を継続するコツ

五月は講演と書籍執筆が立て込んだためブログ更新が滞ってました。ネット上で話題になっている記事等に色々と突っ込みたい気持ちはあったのですが、重た目の記事を書いてないとリズムが少し崩れてしまいましたね。リハビリがてら少し軽い記事を。

ブログ論について熱い思いを語りたくなる時もありますが、今日は少し軽めに。ふとブログの更新間隔が開くと、情報収集が行えて無かったことに気づきます。およそ一ヶ月位は能動的な情報収集が行えていませんでした。「ブログを書く」という行為が、情報収集のためのモチベーションを維持していたんだなと、いうことですね。

よく「なんであんなにブログ更新出来るんですか?」とか聞かれるんですが、もっともらしく答えてしまうんですよね。「情報発信が楽しい」とか「書くのが好きだから」とか。それは嘘では無いのですが、でも、よくよく考えてみると「自分のため」に書いているという思いが実は一番強いのかもしれません。

ブログとは元来、備忘録ですから。自分の日常を気楽に綴る、日記のかわり。本来はとてもパーソナルな物。しかし、ソーシャルメディアの台頭で個人の情報発信ポータルとしての役割が強くなったから、書くことに「意味」を見出そうとする人が増えたように思います。そうして質の高い記事が増え、ブログ文化のレベルが向上することはとても良い事だと思います。

継続出来る人は「自分のために書いている人」

でも、継続出来る人というのは、他者のために書いているようで、実は「自分のため」と感じ取れている人が継続出来ているのではないかと思います。実際私の場合は、自分から能動的に情報収集を行い、ブログへアウトプットすることをモチベーションにして書き続けたことが、自分の仕事の幅が広がっています。結果的に読書の方に役立てる記事となっているわけですが、それはあくまで副次的なものであり、本質的には自分のために書いているのではないかと、思います。

ソーシャルメディアの登場で人の反応を気にしすぎるようになってはいないか

もし、ブログが続かないと思うなら「人の反応を気にする」ことを一度止めてみることをお勧めします。どんな反応があるだろう、炎上したらどうだろう、そんなことを考えてしまうと、疲れてしまうのではないでしょうか。そして思った以上に反応がないと、つまらなくなって更新を止めてしまうのです。

いっそのこと「読書」のことを想定せずに、自分の興味のあることを好きに書き、書く楽しみをまずは「発見」することが近道ではないでしょうか。書くことを楽しいと感じ、自分のために更新出来るようになれば、自然とブログは継続出来るようになります。

ソーシャルメディアが無かった時代、誰かに読まれることは大変でした。しかし、ソーシャルメディアが普及すると無名の個人でも数万人からのアクセスを集めることは奇跡では無くなりました。その一方で常に読書を意識しすぎてしまうあまり、「書く楽しみ」を見失い勝ちなのかもしれませんね。

ブログを継続したいとお考えの方、「自分のために書く」ブログをもう一度始めてみませんか?



この記事のタグ:


関連する記事

  • 嫉妬というより、「哀れみ」でした

  • イケダハヤトさんへ、すっかり変わってしまいましたね

  • 紙媒体出身ライターとウェブメディア出身ライターの違い

  • 自由になるために必要な預貯金

  • クリエイターになるということ

  • ブロガーは無報酬でなければいけないのか

  • グーグルページランクが突然4からページランク外になってしまった


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。