タニタの体組成計 BC-309-PRで始めるゲーミフィケーションダイエット

随分周囲から「太ったね」という指摘が増えてきたため、ダイエットを始めようと思いたった。二年前にもダイエットを行ったことがあり、その時には食事制限とランニングによって四ヶ月ほどで体重を10kg近く減らすことが出来た。二年かけてダイエットした体重+αの脂肪がついてしまったようだのだが、二年前のダイエットの時に効果的だと感じたのは「レコードダイエット」だった。

それほど大したことではなく、日々の体重の増減を記録するというもの。しかし、単純なようで日々の増減を記録していると色々なことがわかる。ランニングをした直後には確かに体重は減っているし、お酒を飲んだ翌日は増えている。体重を記録することで結局の所、体重の増減とは日々の行動による結果なのだということを記録から読み取ることが出来る。

すると、自然と行動に変化があらわれるのだ。今日は走ったからこの程度の食事なら大丈夫だ、昨日はたくさん食べたから今週末運動量を増やそう、といったように。記録することがダイエットのモチベーションになっていた。

ゲーミフィケーションダイエット

レコードダイエットの唯一の欠点は「メモ」する行為がわりとめんどくさいという点だ。風呂上りに体重を計りお茶でも飲んでいるとついつい記録するのを忘れてします。何日かメモしないと、日々の変動がわからなくなり途端にどうでも良くなってしまう。

そこで、記録の手間を省ける体重計は無いかと、家電量販店を見て回ると、色々あった。最近の体重計は随分とハイテク化しているようで、スマートフォンと連動したり、SDカードでパソコンにデータを記録出来る製品を幾つか発見した。

TANITA BC309 体組成計 インナースキャン50

スマートフォンと連動するタイプのものはまだ対応機種が限定的だった点と、もしスマートフォンを買い換える時に体重計側が対応しないリスクもあるので、無難にSDカードに記録するものを選択することにした。体重計の分野で定評のあるタニタがSDカードに記録出来るタイプの体重計を幾つか発売していた。

色々と悩んだが最終的に「体組成計 インナースキャン50 パールホワイト BC-309-PR」に決めた。

購入の決め手は以下の四点。
 ・SDカードに記録可能
 ・SDカードのデータを管理するためのツールが付属
 ・体重以外にも体脂肪、筋肉量、BMI、身体年齢が記録できる
 ・体重記録を50g単位で記録出来る

SDカードのデータをグラフ形式でパソコンで閲覧するためのツールが付属されており、SDカードへも体重計に乗れば自動的に計測/記録されるためメモする手間が省ける。またダイエットと並行して有酸素運動や筋トレをすると脂肪より筋肉の方が重いため、体重が増えて見える、あるいは減っていないように見えるのだが、これがレコードダイエットではモチベーション低下に繋がる。インナースキャン50では筋肉量、体脂肪の増減もわかるので体重に変化は無くても体内に変化が起きたことを確認することが出来る。体重を50g単位で計測可能な点もレコードダイエットには効果的だ。実際風呂上りに汗をかくとそれだけでも50~100グラム程度は変化する。

タニタのインナースキャンを利用すると手軽に詳細な身体のデータを記録することが出来るようになった。単に体重を記録する「レコードダイエット」の域を超えているのではないだろうか。自分の些細な行動に対して即座にインナースキャンに乗って記録し、フィードバックを得る。それをモチベーションとして「ダイエットに夢中になる」ことが出来れば、もはやこれはゲーミフィケーションダイエットと呼べるかもしれない。

道具は揃ったので、あとは実践あるのみだが、「ダイエットに夢中になり」半年後には「痩せたね」と言われるように努力したい。

★タニタ インナースキャン50★
TANITA 【SDカード搭載+体重50g単位表示】 & 【乗った人をピタリと当てる「乗るピタ機能」搭載】 体組成計 インナースキャン50 パールホワイト BC-309-PR



この記事のタグ: ,


関連する記事

  • ゲーミフィケーションダイエット 一ヶ月経過で体重4.65kg減


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。