Foxconn iPhoneと連動するスマートウォッチを公開

Foxconn SmartWatch

2013年6月26日、台湾のFoxconnは株主総会でiPhoneと連動するスマートウォッチを公開した。Foxconnの幹部は、スマートウォッチによって、利用者の心拍数や呼吸といったバイタルサインを測定することはもちろん、電話やFacebookへの投稿をチェックしたりすることが可能だと説明した。バイタルサインが正常範囲外であれば、それを改善する方法も提示する。

ウェアラブルコンピュータの応用分野としてモバイルヘルスに対する注目は高い。Foxconnのような生産能力の高い企業が生産に本腰を入れれば、デバイス価格の低下が期待出来るかもしれない。

Source:Hon Hai reveals iPhone-compatible smartwatch



この記事のタグ: ,


関連する記事

  • Pebble 高級感のあるステンレス・スチール版提供開始

  • グーグルグラスとiWatchへの期待がウェアラブルコンピュータ市場への期待を高めている

  • クアルコムもスマートウォッチ市場参戦か?

  • スマートウォッチ2発表 全てのアンドロイドのセカンドスクリーンに

  • アップル製スマートウォッチはジョブスのDNAが試されている

  • スマートウォッチ Pebble。専用SDKでアプリの開発、販売も可能。


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。