クアルコムもスマートウォッチ市場参戦か?

海外で信頼度の高いとされる情報リークアカウント@evleaksの呟きがきっかけで、モバイルチップセット大手のクアルコムがスマートウォッチ市場に参戦すると噂され始めた。リーク情報によれば製品名はZOLA、登場は今年の九月となっている。

この噂をより信憑性の高いものとしている要因の一つに、ディスプレイの展示会であるSID 2013に、クアルコムが次世代Mirasolを使ったスマートウォッチ型のモックアップを展示していたことだ。こちらのビデオでは実際に動作する映像を見ることが出来る。これが「ZOLA」なのか定かでは無いが、モックアップとはいうものの、カラー表示可能で、タッチスクリーンに対応している所を見ると、商品化されたとしても不思議ではない。

今年の秋には、ソニーからも第三世代スマートウォッチも発売されるので、アップルのiWatch発売を前に前哨戦が始まりそうだ。



この記事のタグ: , ,


関連する記事

  • グーグルグラスの技適申請状況について

  • Intel ウェアラブルコンピュータ時代を視野にファション分野での協業を強化

  • Pebble 高級感のあるステンレス・スチール版提供開始

  • グーグルグラス購入の注意。日本からはアクティベート出来ない可能性有り

  • Brain Disco 観客の脳波でDJコンテスト

  • タトウ型バイオセンサーを利用したアスリートの乳酸監視

  • 職業犬と人間のコミュニケーションを支援するFIDO

  • グーグルグラスとiWatchへの期待がウェアラブルコンピュータ市場への期待を高めている

  • Intel新CEO 「ウェアラブルコンピュータはモバイル業界の主戦場になる」

  • Foxconn iPhoneと連動するスマートウォッチを公開


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。