サムスン、未来のスマートフォンのコンセプトを公開

2013年7月9~10日まで、サンフランシスコでモバイルビートカンファレンスが開催された。

サムスンのPresident & Chief Strategy OfficerであるYoung Sohn氏は、サムスンの考える未来のスマートフォンのコンセプトを紹介した。

Samsung_Wearable

折りたたみ可能でサイズが柔軟に変化するディスプレイ、ビデオ会議は勿論のこと、ユニークなウェアラブルコンピュータの機能を利用した健康管理も行える。単なる連絡手段としての電話ではない「未来」が一分ほどのムービの中に凝縮されている。未来を創るのはアップルかサムスンか。今後の展開が楽しみだ。



この記事のタグ: , ,


関連する記事

  • 格安SIM時代には「情報ダイエット」が大切

  • 月額2100円で使えるリア充スマホ「PANDA」

  • 「SNSで目立ちたい症候群」に企業はどう対処すべきか

  • エリクソンの調査データから独自のグラフを作成可能な「Traffic Exploration」

  • スマートビエラはなぜ、CMを拒否されたのか?

  • 総務省 「スマートフォン安心安全強化戦略」(案)に対する意見募集

  • スマートデバイスのシェア争いは、マーケティング競争のフェーズへ

  • 新興国時代のスマートデバイス市場の勝者はアップルでもサムスンでも無くホワイトボックス

  • 国民所得によってスマートデバイスの普及OSが異なっている

  • WWDC 2013で感じたアップル下落の兆候


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。