ポスト団塊世代の「これからの働き方」

「働き方」がブームらしい。安藤美冬さんの「ノマド」を起点として、イケダハヤト君や、May_Romaさん、ちきりんさん等、「ネット」を中心に活躍している人たちが「これからの働き方」を論じている。著者の大半の方が「フリーランス」であるという点も最近の傾向を反映しているようで面白い。

しかし、その多くは10代のこれから働く人たち、または社会人五年目位までを対象とした人達に「憧れ」を提示するものであり、30を超えた人間、あるいは40を手前にした人たちには「子供っぽく」映る部分があるのではないだろうか。この社会経験を積んだ人から「子供っぽく」見えてしまう部分が、ネット上での対立を生み出しているように思う。

そもそも30代半ばを越えればね会社の中でも責任ある仕事をまかされ外部の企業へ業務の一部を発注したり、派遣社員の方に業務を委託することもある。そんなときハンコ一つで自由に契約を終了することが出来る「フリーランス」という立場がいかに弱いかを実感するだろう。30代半ばを越えた世代、ポスト団塊ジュニアや団塊ジュニアの世代には「ノマド(フリーランス)」になることを提唱する昨今の働き方は、参考にならないと感じる人も多いのでは無いだろうか。

そこで「社会経験を積んだ」人間達同士でリアルな「これからの働き方」を議論する場を作れないだろうか、と思い、パソナテックさんや、ポスト団塊ジュニア世代で会社でも会社以外でも活躍している四名のパネラーと共に、ポスト団塊世代のための「これからの働き方」を考えるイベントを開催します。参加費は無料で懇親会も用意されているので、是非興味のある方は下記URLからお申し込み下さい。

開催時期:2013/07/27(土) 14:00 ~ 17:00
申し込み:http://everevo.com/event/6884



この記事のタグ: ,


関連する記事

  • パラレルキャリア継続のコツは「余裕」を持つこと

  • 機械に仕事を奪われるのは本当に不幸なことだろうか?

  • 変化への対応力が低い会社の見分け方

  • 日本人の労働に対する満足度は72.4%

  • 続 フリーランスとGmailのメールアドレス

  • フリーランスとGmailのメールアドレス

  • ノマドかフリーランスかサラリーマンか?多様な働き方が出来るワークライフ・リ・バランスを考える時代


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。