世界一セクシーなプラネタリウム「スペースボール」今度は豊洲で開催

本サイトでも以前紹介した「全方位型プラネタリウム”スペースボール”」

スペースボールの中に一歩足を踏み入れると、そこはドーム型の空間で、前方はもちろん天井、側面、足元に及ぶまで視界全体を切れ目なく映像が覆う。そのリアルさは、映像に合わせて「身体」が移動していると錯覚してしまうほど。美しい映像と音楽によって大人が楽しめるプラネタリウムになっている。期間限定イベントだったため大好評のうちに惜しまれながら終了した。

しかし、どうやら、2013年8月20日から11月17日まで豊洲で開催されるそうだ。しかも、Twitter公式アカウントによれば、水中バージョンの放送も予定されているかもしれないとのこと。

映像に合わせて身体が揺さぶられる感覚を、まだ体験出来ていない人は、是非この機会にチャレンジしてみてはいかがだろうか。



この記事のタグ: ,


関連する記事

  • 三半規管で観るプラネタリウム「スペースボール」体験記


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。