ヤフーも崩壊したバルス祭り。ネットの一大イベントに

「バルス」を合言葉に地域や世代を超えて感じる「一体感」。バルスはネットと放送の壁を「崩壊」させたようだ。

2013年8月2日、日本テレビ「金曜ロードSHOW」で「天空の城ラピュタ」が放送された。物語の終盤で唱えられる「滅びの呪文バルス」に合わせてネット上では「バルス!」と呟くのが今や定番となっている。

このユーザの書き込みによって2chやTwitter等の人気サービスはアクセスに耐え切れず「崩壊」するという事態が度々起きており、まさにネット事業者にとっては「滅びの呪文」として恐れられている。実際、2009年11月20日の放映時には、2ちゃんねるで実況用のサーバーを粉砕。2011年12月9日の放送ではTwitterで1秒間における世界中のツイート投稿数が2万5088に達し世界新記録として認定されたが、一瞬ではあるものの、Twitterの高負荷を示す「クジラ」が表示された。

今年の放送でもヤフーリアルタイム検索で63万8365件を計測するなど、相変わらずの人気を見せ付けた。2013年はアクセス負荷に耐えるだけでなく、このバルス人気を逆手にとってプロモーションに利用するネット企業が現れだした。

■Mixi
mixiはmixiTouchにて8月2日11:00~26:00の期間限定で「ボイス装飾機能」を提供。これを利用するとカラフルな「バルス」を呟くことが出来るというもの。

■ニコニコ生放送 バルス祭り
2011年の放送時には「陥落」させられてしまったニコニコ生放送は、スタジオジブリプロデューサーの鈴木敏夫氏、見習いの川上量生氏、日本テレビ プロデューサーの奥田誠治氏といった豪華キャストを迎え実況中継を行った。

■ヤフー バルスボタン
ヤフーはポータルトップに「バルス」ボタンを設置。このバルスボタンを押すとヤフーの画面が崩壊を始める。筆者の周りで一番話題になっていたのはこれだった。技術的な側面というよりは、「バルス」のタイミングに合わせた「遊び心」を評価する声が高かった。



この記事のタグ:


関連する記事

関連する記事は見当たりません…

プロフィール

大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。