Facebook投稿 「宣伝する」 機能を使ってみた

先日、自著「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」が日経新聞に取り上げられたのでその喜びをFBに投稿した。

せっかくなので、日経掲載記念として前々から使ってみたかった「宣伝する」機能を利用してみることにした。

使い方は簡単

 1) 宣伝したい投稿を表示する
 2) 「宣伝する」をクリックする
 3) ウィンドウに金額が表示される
 4) 金額に問題なければ支払い方法を選択する

上記の手順であとはクレジットカード情報等を登録すれば、宣伝が開始される。通常の投稿と比較して友人達のタイムラインの上部に表示されやすくなる。ちなみに私の今回の宣伝費用は「708円」だった。結構高いと感じたが、ご祝儀と割り切った。恐らく安すぎればスパムも増えるので、割高な値段設定になっているのではないだろうか。

効果は通常投稿の2.7倍

この宣伝機能を利用すると、効果も確認出来る。「宣伝する」を選択した投稿を表示し、「広告」の文字をクリックすると、宣伝効果が表示される。結果は通常投稿の2.7倍と表示された。

実際は何人にリーチしていたのかは、正確にはわからないが、確かに通常時の投稿と比べて、普段あまり交友が無かった人からも「いいね」がクリックされていたので、効果はあったと実感した。

少し割高感はあるが、クレジットカード情報を入力するだけで、誰でも簡単に宣伝することができる点は魅力だ。ちょっとしたイベントの告知などに利用してみてはいかがだろうか。



この記事のタグ:


関連する記事

  • FBで人に言えない「内緒のコミュニティ」に入るのは気をつけよう

  • Facebook Wi-Fiの衝撃

  • DICK’S Sporting Goods が展開する「RUNFOR」が素晴らしい

  • Facebook悪徳活用事例 感動系エピソードを利用した情報商材販売

  • FacebookグループでDropboxとの連携が可能に

  • Facebookの人気に陰り?

  • Facebook 中毒に関する Infographic

  • Facebook ニュースフィードに表示される広告を消す方法

  • Facebookにトロイの木馬を仕掛けた、ヤフージャパン

  • Facebookページのリニューアルで改めて考える「Facebook依存のリスク」


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。