「アマゾン」で、寄り道防いで散財防止とダイエット

私は炭酸飲料が大好きなので、ほぼ毎日一本はコーラか、ペプシネックスを飲んでいる。そのために帰宅時にスーパーによって帰ったりするのだが、スーパーに寄るとついつい、他の菓子パンなども買ってしまう。これが散財の元でもあるし、何より「太る」もとでもあった。

そこで、アマゾンを活用することにした。今までも食品や飲料が販売されていることは知っていたが、わざわざ食料品をアマゾンで頼むのも・・・と思っていたが、宅配されるのであればスーパーでついでに「おまけ」を買ってしまうという余分な行動が無くなる。生活習慣を変えることがダイエットにも繋がるだろうと考え、アマゾンを利用することにした。

そこでアマゾンを覗いて見ると、安い。普段スーパで105円で買ってるペプシネックスが一本91円だ。まとめて届くので場所は取るがそこさえなんとか出来れば、お買い得だ。しかも、サントリー自体が出品してるので品質も安心だし、品揃えも160ml、270ml、500ml、1.5リットルと豊富に揃っている。ちなみに、私は500mlのものを購入した。

コーラ派にはコーラも、もちろんある。しかも、一本70円を切る破格。

私のように「寄り道でついつい無駄な出費をしてしまう」と悩んでいる方は、思い切ってアマゾンなどの宅配サービスを利用してみてはいかがだろうか。



この記事のタグ: ,


関連する記事

  • 35歳を越えたら、冬はみかん


  • プロフィール

    大元隆志(おおもと たかし) 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。異なるレイヤーの経験を活かし、技術者、経営層、 顧客の三つの包括的な視点で経営とITを融合するITビジネスアナリスト。業界動向、競合分析を得意とする。Yahoo!ニュース講談社 現代ビジネスCNET翔泳社EntepriseZineITmedia マーケティングITイニシアティブ、等、様々なIT系メディアで活躍する。SNSビジネス特集でNHK教育テレビに出演。ソーシャルメディア系イベントしては国内最大級となるソーシャルカンファレンス主催者。著書に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」「ソーシャルメディア実践の書」、「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」がある。所有資格 米国PMI認定PMP、シニアモバイルコンサルタント等。