Posts Tagged 映画

映画»

ホビット 竜に奪われた王国 3DHFRで映像はバーチャルリアリティになる

ホビット 竜に奪われた王国 3DHFRで映像はバーチャルリアリティになる

「手に汗握る」。映画の興奮を伝えるために何度も使い尽くされてきた、陳腐な表現。しかし、この表現が何度も使われてきたのには訳が有る。映画の歴史を遡れば、白黒で音が無かったサイレント映画から、映像と音声が同時に流れるトーキ映 […]

2014年2月24日

続きを読む

レビュー, 映画»

ヒトラーの贋札から学ぶ「働くこと」の意味

第二次世界大戦にて、ドイツ政府が行った史上最大の偽札事件「ベルンハルト作戦」。この作戦で造られた偽札は、まずポンド紙幣が標的となり1億3200万ポンド以上(現在の価値で約一兆円)もの偽札が流通し、イギリス経済の混乱を巻き […]

2013年9月16日

続きを読む

ICTトレンドウォッチ, スマートデバイス»

続・映画ビジネスの未来

続・映画ビジネスの未来

今日は以前書いた「映画ビジネスの未来」がきっかけで、TOKYO-FMのTIME LINEにて、伊藤洋一さんと一緒に「映画ビジネスのこれから」について対談させて頂きました。 事前にアジェンダを頂いてたので、こんなことを話し […]

2013年7月11日

続きを読む

ICTトレンドウォッチ»

映画ビジネスの未来

南カリフォルニア大学(USC)の映画芸術学部の新校舎設立記念イベントでスピルバーグとジョージルーカスの発言が面白い。 ・スティーブン・スピルバーグ 「将来は、巨額の製作費をかけた大作と小規模の作品では入場料が異なるように […]

2013年6月30日

続きを読む

ICTトレンドウォッチ»

「見る」から「楽しむ」へと変化する映画。「見せる」にこだわる映画館。

「見る」から「楽しむ」へと変化する映画。「見せる」にこだわる映画館。

今日は以前から楽しみにしていた、ダークナイト・ライジングを鑑賞してきた。期待通りの素晴らしい映画で、前作までのファンなら見ておいて損は無いだろう。映画自体は楽しかったのだが、あることが気になった。それは、上映までの「宣伝 […]

2012年8月1日

続きを読む